社員が指示待ち | みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

「仕事を通してなりたい自分になる」ことを自ら考えるセルフビジョン研修。あなたの仕事は素晴らしい。離職率が50%ダウンした実績を持つ。3Kから3Sへ!(成長、幸せ、したい)


テーマ:

スマホの方はこちらからご覧ください。
https://www.facebook.com/zinzaikaihatu/


おはようございます。

 

理念スペシャリストの水内です。

今日は「社員が指示待ちで困っている」問題について考えます。

 

 

 


「指示を出さなくても、社員は自発的に仕事をして欲しいよ」

 

と思っている経営者は多いと思います。そうでないと、

 

いつまでも指示を出す役割から逃れられず、本来の経営者

 

としての仕事が出来ないはずです。

 

 

 

 

解決策を考える前に、なぜ社員が「指示待ち」なのかを

 

考えましょう。

 

理由はいくつかあるはずです。例えば、

 

・失敗すると会社に迷惑がかかる

 

・失敗すると自分の評価が下がる

 

・上司が提案を聞いてくれない

 

・社員が何も考えていない

 

あたりが代表的な理由です。

 

 

 

 

このような会社の風土の問題も含めて、「指示待ちで困る」

 

という問題も、企業理念が解決します。

 

 

 

 

そもそも経営者も社員も考えている基準はバラバラです。

 

経営者は常に会社全体を見た上で物事を考えていますし、

 

社員は自分の業務を中心に考えます。そして、会社で

 

強いのは当然経営者です。最終は経営者が決めると

 

分かっている社員は自分で考えないようになります。

 

 

 

 

しかし、社員が企業理念を達成するために何をするかを

 

考え、経営者や幹部が企業理念を達成するために必要か

 

どうか、という観点から考えられるようになるとどうで

 

しょうか?少しずつですが、自分の考えを言い始めるはず

 

です。なぜなら、誰もが仕事で存在意義を感じたいからです。

 

ロボットになりたくてなっているわけではありません。

 

 

 

 

企業理念がないと、社員はどのような提案をすれば良いか

 

分からないのです。考える基準を明確にしてあげてください。

 

それが「企業理念」なのです。

 

 

 

 

社員が指示待ちになっているのは、社員が悪いわけではなく、

 

考える基準が不明確だからです。

 

 

 

 

企業理念で考える基準を明確にしましょう。

 

 

 

 

【今日のポイント】

 

企業理念は考える基準を明確にする。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

           水内浩秀のセルフビジョン

 

             みんなを笑顔に!

 

            広げよう、笑顔の輪!!

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

研修講師|仕事へのモチベーションアップ専門家さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ