社員との危機感のズレを感じる | みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

「仕事を通してなりたい自分になる」ことを自ら考えるセルフビジョン研修。あなたの仕事は素晴らしい。離職率が50%ダウンした実績を持つ。3Kから3Sへ!(成長、幸せ、したい)


テーマ:

スマホの方はこちらからご覧ください。
https://www.facebook.com/zinzaikaihatu/

 

 

おはようございます。

 

理念スペシャリストの水内です。

 

 

 


今日は社員との危機感のズレをなくすにはどうすれば良い

 

のかを考えましょう。

 

 

 

 

経営者はいつも、

 

①今の売上・利益をどうするのか?

 

②会社の将来をどうするのか?

 

という2点で会社も含めてビジネスを考える必要があります。

 

きっと経営者の方も、常に考えておられることでしょう。多くの

 

社員の人生を握っている責任感は半端ないですからね。

 

 

 

 

それなのに社員は危機感もなく、気楽に生きているように

 

見えます。実は私も個人事業主ですが、会社員の時の

 

ことを思うと、危機感が全くありませんでした。多くの企業様

 

で研修を行いますが社員からは危機感は感じられないことが

 

多いです。

 

 

 

 

事業を行う立場になって、経営者と社員の意識の差を痛感

 

しています。

 

 

 

 

これをなくすためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

 

 

 

ここで「企業理念の登場」です。

 

 

 

 

会社の目指す方向も分からなければ、現状も分からない。

 

当然そのギャップも分からないので、危機感が湧いてくる

 

ことはありえません。

 

 

 

 

まずは会社が目指す方向である企業理念を明確にして示す

 

必要があります。そして、社員が企業理念を目指したいと

 

考えた時に自然と危機感は出てきます。社員に示すだけでは

 

全く意味がありません。社員が動機付く必要があります。

 

企業理念が達成した時に社員一人一人がどうなっているのか

 

を考えることで、一つの動機付けは出来ます。

 

 

 

 

企業理念を示し、経営者も社員も同じ方向に向いた時、社員が

 

あなたと同じ危機感を持つようになると思いませんか?

 

 

 

 

【今日のポイント】

 

企業理念を浸透すれば社員もあなたと同じ危機感を持つ!

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

           水内浩秀のセルフビジョン

 

             みんなを笑顔に!

 

            広げよう、笑顔の輪!!

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

研修講師|仕事へのモチベーションアップ専門家さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ