人並と街波☆

好きこそ物のJWASなれ☆


テーマ:

DOG×POLICE 純白の絆


監督 七高剛
2011年 日本


人並と街波☆



あらすじ・解説
爆発物の捜索や災害救助、犯人制圧などの任務にあたる警備犬と警察官の固いきずなと、彼らが直面する連続爆破事件の捜査を、スリリングかつ感動的に描くエンターテインメント大作。
『海猿』シリーズの小森陽一が本作でも原案を手掛け、テレビドラマ「警視庁失踪人捜査課」などの演出を担当した七高剛がメガホンを取る。
主人公の警察官を、テレビドラマ「猿ロック」で七高とタッグを組んだ市原隼人が演じ、『ライアーゲーム』シリーズの戸田恵梨香やベテランの時任三郎らが共演。
俳優陣の熱演と共に、危険な任務をサポートする警備犬の活躍から目が離せない。


犯罪捜査で優秀な成績を上げ続けた若き警察官、早川勇作(市原隼人)に、警備犬の訓練所への異動命令が下される。
刑事を目指していた勇作は、やる気を失いそうになるが、ハンディーキャップを持つ犬シロとの出会いによって、勇作はシロを立派な警備犬に育成しようと決意。
シロは警備犬として成長していくが、連続爆破事件が発生し……。



感想(※ネタばれあり)
まず、サブタイトルの純白の絆っていらないだろ。
この時点でこの映画のたどる道が見えてくる。


しかし、この映画目が離せない!
突っ込みどころが多すぎて!!!


常に息が荒い市原さんが主演でヒロインが戸田さん。
そして、もはや良い上司役ランキングを作れば間違いなくトップを取るであろう時任三郎さん。
あと、俳優竹山さんも出てますよ~


本編に入っていきます。
フォーマットは主人公が犬と共に成長していくバディムービーといったところ。


まず、冒頭のシーンからハリウッドのように主人公紹介のアクションシーンを見せるんですが、
全然迫力もないし、しょぼい。
そもそもあんな怪しい奴はしょっちゅう職務質問されてないとおかしいし、
警官が持ち場離れて一人で追っかけるとかありえないだろう。
まあ、一応シロとの出会いも兼ねているから許そうかと思ったんですが、
獣医があきらめたのに主人公が体をこすっただけでシロが息を吹き返すのを見て驚愕。
でも、ここを許せないとこの映画は最後まで持ちません。


そして、主人公は警備部第四係(敬称略)に部署移動。
理由は単独行動が目に余るから。
これで冒頭の疑問が解消されて満足。
さらに、仲間を信頼できない主人公がシロと共に成長していくというアガル展開になって期待が湧いてきた。


ところが第2の爆破事件で失敗をして、仲間の犬を傷つけ、挙句に別の課の仲間に逆切れする。

ここで自分の未熟さを自覚する。
はっきり言ってこいつバカなのかとほとんどの人が思うだろうけど、最悪自分の足りなさを自覚するという意味ではあっても良い展開だとは思う。(かなり甘口)


しかし、ここら辺でどうしても気になるのが犯人の描写。
犯人がブリーフ一丁で登場するとかすんごい悪趣味。
しかも、アジトが爆弾工場ってそんなアホな。

そして、耳が聞こえない設定はどこまで本気なのでしょうか。
どうも完全に耳が聞こえないようには見えないし、なにより普通に話していますよね?
こういうある意味デリケートな演出を作品の繋ぎとして使っていることに本気で腹が立ったし、不愉快でしかない。
真摯に描く気がないなら絶対手を出すべきではない。
これに加え「さあ、愚鈍な警察諸君。ゲームの始まりです。」という実際にあった凄惨な事件の文言を引用するあたり、

この制作陣本当に狂ってるんじゃないかと思いましたね。


先に進みます。
四係がいきなり単独行動を始めたのにまず驚きますが、これは序の口。
シロと共にデパートに仕掛けられた爆弾捜索に向かいます。
いやいや!客避難させろよ~
しかも、海外からVIPが来ているのに何の対策も講じていない。
日本の警察バカにされてますよ~
絶対避難させなきゃダメだろ。


あと、主人公アホか。
シロが爆弾見つけたら、最初に爆弾処理班に連絡だろ!
お前が確認したところで処理できないだろ!
早めに連絡はできるだろ!
客は避難させないわ、連絡はしないわ。
開いた口がふさがらない。
というか第2の爆破事件の時は避難させてたよね?
意味不明なんだけど・・・


そのあとは爆弾抱えて容器にポーン、ボォーン。
無理だろ!!


ここからは本当にひどい。
警官が大勢の一般人がいる中、発砲。
目を疑うとはこのこと。
そのあと、仲間に連絡もしないで犯人追走。
こいつ全く学習してねえぇぇぇぇぇ。
シロがいるからOKじゃないんだよ。


そして、都合よく空いている地下鉄の工事現場に追い込む。
しかし、爆発で犯人を死なせてしまい自分も鉄骨の下敷きに・・・
そのあと、ROOKIESばりの友情をシロと確認する。
熱い、熱すぎる。
こいつやっぱり反省していない。
そのあとシロのファインプレーで奇跡的に生還。


シロは成長してるけど、お前は成長していない。
もう、さ~んか~い目。
戸田恵梨香も同じで仲間に知らせず、現場に向かう。
お前はに~か~い目。
助かったのもご都合主義すぎる。
もし、シロが怪我してたらどうする。


そして、ラストは唐突にキス。
もう好きにして~


あと、この作品見ていると時空が歪んでいるのかと思うくらい時間軸がむちゃくちゃです。
他にも初音ミクとかスティーブ・ジョブズのくだらないパロディーとかマジックハンドで爆弾をつかもうとする勇気とか気になることは山ほどあります。


ある意味凄い楽しめました。
と言いたいところだけどやはり無知では済まされないような無神経な演出があったので許されないと思います。
犬と人間による真っすぐなヒューマン・ヒーロー映画なら許せるのに。


付き合わされた犬たちがかわいそうです。


最後に、
今作の原案は海猿を書いた脚本家の仕事らしい。
納得と思ったら漫画の方だった。

なんでこうなった?



結構失礼なことを書きました。
申し訳ありません。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ペニ~☆さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。