東梅田と言いますか、西天満と言いますか。

お昼時を迎えました。




なんとなく、カレーの気分です。




名古屋単身赴任時代は、近所にここしかカレー屋さんが無かったので。

ここしかなかった、CoCo壱番屋に行きましたけど。




ウププププ〜。

全然、笑えんけどっムキー




特に、好きなわけでもなくて。

あっ!




前から行こうと思いながら、福島上等カレーにばかり行ってしまい、ご縁がなかった船場カリーにしましょう。

と思いましたものの、他にも色々とありそうなので。




まずは、見て回ってからに。

やっぱり、日本一の暇人やなっムキー




肉、スタミナ、スパイシー。

色んな形容を、つけておられますが。




結局のところ。




「山椒と唐辛子のシビレと辛さをどうぞ」とのことでした。

ムムム。




スパイシーは譲ったとしましても、肉、スタミナはどこにいったのでしょうか?

「苦手な方は、ごめんなさい」だそうですから、苦手ではないですが、遠慮しておきましょう。




うーむ、薬膳カレーときましたか。




油をほぼ使わないカレーたそうです。

てことは、チョビっと使うカレーですよね。




細かいこと言うなっムキー




5歳若返る、薬膳スープもあるそうです。

ひょ、ひょっとして、生えますか?




5歳分なら、5千本は。

美肌って、書いてあるけどっムキー




じゃあ、やめます。




老舗って感じですね。

たまたまかもしれませんけど、人の気配がしませんでしたから、不安になります。




ですから、結局、船場カリーに戻りました。




そこから、書けよっムキー

どこにするか迷い出す前に、福島上等カレーに入りかけていたくだりは、省略してたんですけど。




なんでしたら、そこまで、立ち戻って。

ボケっムキー




船場カリー名物は、すじねぎカリーのようです。




確かに、隣のテーブルで熱く語り合っている青年2人組は、すじねぎカリーのようです。

美味しそうですが、しかし。




高いんやなっムキー

日替りを注文すると、定価より110円安いようなんですよね。




そうなりますと。




素直に、従っておきます。

金沢ゴーゴーカレーのように、黒いですね。




美味しそうだなと、見ていますと。




黒いのは、イカ墨が入っているからだそうです。

3段階くらいに、辛くしてもらえるようですけど。




ジダンは、やめとおきましょう。

口から火を吹いては、困りますから。




有料やったんやろっムキー




福島上等カレーよりは、少し辛めのような。

790円なら嬉しいけど、900円なら食べないような。




味の評価をせんかいっムキー

美味しいけど、ジダンの好みでは、福島上等カレーでした。




でも、老舗の坂井カレー、食べてみたかったような。

早よ食うて、早よ帰れっムキー

ジダン