各地の神社仏閣でアライグマによる被害が相次いでいる問題で、世界遺産・上賀茂神社(京都市北区)の境内摂社、片岡社(国重要文化財)の屋根に、アライグマによるものとみられる穴(深さ約30センチ、直径約40センチ)が開いていることが12日、分かった。被害相談を受けた専門家が同日、実態調査へ乗り出した。

 上賀茂神社では、約3年前から境内でアライグマの姿が確認されており、建造物にアライグマがひっかいたとみられる無数のつめ痕が残されていた。

 今年5月、神社の神職が片岡社の檜皮葺の屋根に穴が開いているのを発見。今月10日に鉄板で穴をふさいだところ、その翌朝には、鉄板の横に新しい穴が開けられていた。

 アライグマとの“いたちごっこ”に業を煮やした神社は、関西野生生物研究所(東山区)に調査を依頼。その結果、オスのアライグマが片岡社付近にすみついている可能性が高いことが判明した。

 研究所は、境内にカメラを設置してアライグマの生態を調べるとともに、わなの設置を指導した。上賀茂神社の安井正明禰宜は「アライグマには本当に困っている。早く捕まってほしい」と話している。

【関連記事】
アライグマ“憐れみ”通じず? 綱吉の母ゆかりの名刹にひっかき傷
またアライグマ? 二条城で動物のひっかき傷
アライグマの仕業? 平等院鳳凰堂に引っかき傷
上賀茂神社で「御禊の儀」
京都・上賀茂神社で「烏相撲」 無病息災祈る 
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

菅首相会見速報(4)「官僚こそプロ、その力使って政策進める」(産経新聞)
亀井郵政相 辞任を閣議決定…後任は国民新・自見氏で調整(毎日新聞)
福井・竜脚類恐竜に学名 国内産の化石では4件目(産経新聞)
宮城県警に発足した「海燕隊」の使命は…(読売新聞)
好立地の薬局確保、取引独占=高知の医薬品卸会社に警告―公取委(時事通信)
 店に居合わせた生後3カ月の女児を抱き上げ、両脚の骨を折ったとして、栃木県警足利署は28日、足利市若草町、無職、五月女(そうとめ)裕子容疑者(28)を傷害容疑で逮捕した。同署によると、五月女容疑者は乳児を抱いたことは認めているが「けがはさせていない」と容疑を否認している。

 容疑は26日午前11時半ごろ、同市弥生町の子供用品店で、乳児の母親(26)に「かわいいので赤ちゃんを抱かせてください」と声をかけ、乳児を約5分間抱いた際に両太ももの骨を折り、1カ月の重傷を負わせたとしている。

 同署によると、五月女容疑者が乳児を抱いている間、母親はレジで支払いを済ませていた。乳児が泣きだし、帰宅後も泣きやまなかったため、その日のうちに病院で受診。骨折していることが分かり、家族が同署に被害届を出した。母親と五月女容疑者に面識はなく、同署は店内の防犯カメラや目撃情報などから五月女容疑者を特定した。【吉村周平】

宮崎の主力級種牛5頭、2・3回目の検査シロ(読売新聞)
土浦湖北高バレー部顧問、女子部員にひざげり 尾骨骨折(産経新聞)
ナイフ1本は海中「代表からの指示」随所に SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
内閣不信任案 社民が同調へ(産経新聞)
<南アW杯>巨大漫画でエール 日本代表26日未明出発(毎日新聞)
 「世界最速のスキッパー(船長)」と呼ばれた海の男は、法廷で傷害を除く4つの罪を大筋で認めた。27日、東京地裁で開かれた米団体シー・シェパード(SS)元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)の初公判。「背景にはいろんな事情がある」と語り、艦船侵入罪では正当性も主張した。かつてバイオ燃料の高速艇世界一周の最速記録を打ち出した、祖国・ニュージーランドの英雄。だが、身柄拘束を経て「抗議活動家というレッテルには違和感もある」と話すなど、揺れる心情をのぞかせている。

 午前10時前、黒っぽいスーツ姿で東京地裁の法廷に入ったベスーン被告。検察官による起訴状の朗読が終わると、自身が問われた罪状に、通訳を介して落ち着いた口調で認否を述べた。やや緊張した面持ちだったが、罪状認否後に着席すると、知人を見つけたのか傍聴席に向かって笑顔を浮かべる瞬間もあった。

 今回の捕鯨妨害に参加した高速艇アディ・ギル号は、かつてアースレース号という名で、2005年、バイオ燃料船の世界一周最速航行を達成するため、スポンサー企業が約250万ドルを出して建造。船長には元海底油田エンジニアのベスーン被告が選ばれた。

 08年6月、約60日間という当時の最速記録を達成。3年間で46カ国の都市に寄港、各地で船を公開し、多くの人々の称賛を浴びた。

 一方、寄港先の中南米グアテマラでは海難事故を起こし、漁師を1人死亡させてしまった。ベスーン被告は一時拘束され、多額の補償責任を背負うことに。資金を作り出すために船を150万ドルで売りに出し、購入したのが、米ハリウッドの大富豪の寄付を受けたSSだった。

 昨年夏、被告は初めてSS代表のポール・ワトソン容疑者(59)=カナダ国籍、傷害などの容疑で逮捕状=に会い、日本の捕鯨船への妨害活動に参加することを約束した。

 しかし、アースレース号から改名したアディ号は、出航から1カ月も満たずに、日本の調査捕鯨団の監視船に激突し、南極海に消えた。ベスーン被告は友を失ったような喪失感を味わい、日本側への船の補償請求などのために今年2月、監視船に侵入。その際に身柄を拘束された。

 東京拘置所に勾留(こうりゅう)されたベスーン被告は初公判前、産経新聞の接見に応じ、「日本の捕鯨は許せない」と改めて語る一方、「自分の信じる道を突き進んだあまり、多くのものを犠牲にした。生活を考えなくてはならない」「ワトソンは間違っている」などとも話し、揺れる心境をのぞかせた。

 初公判では傷害罪を否認したほか、艦船侵入罪は「正当な理由があった」、威力業務妨害罪は「事情を公判で明らかにする」などとしたベスーン被告。法廷で一部対決姿勢をのぞかせる一方、約半年間会っていない母国の妻や子への思いも残している。

<口蹄疫>消毒マット 品薄に 一般からの需要も(毎日新聞)
<口蹄疫>ワクチン接種ほぼ終了 進まぬ「牛豚ゼロ地帯」 農家に不安(毎日新聞)
情報提供は全暴力団員分=3万8000人、証券会社に―即時照会体制構築へ・警察庁(時事通信)
親子でビールなど万引き=大阪市職員と母逮捕―府警(時事通信)
日米同盟深化に意欲=首相、クリントン長官に表明(時事通信)