人気漫画「喰いしん坊!」の海賊版制作グループの主張 | 周来友 オフィシャルブログ

周来友 オフィシャルブログ

中国出身のジャーナリスト、タレント。
公式ホームページ:http://zhoulaiyou.jp

世界中で絶大な人気を誇る日本の漫画やアニメ。最近では、こうした漫画やアニメが政治問題に巻き込まれることも少なくありません。今回、中国では日本の人気漫画、土山しげる先生の「喰いしん坊!」が、中国で大きな関心を集めています。



中国メディア・網易(6月28日)は、同作の中に美食の世界大会が描かれているシーンがあり、その中で台湾を国家として表現する部分があったと指摘しています。

実はこの指摘をしたのは読者ではなく、同作の海賊版を勝手に作成していた中国国内の翻訳グループだったのです。この翻訳グループは作品中に台湾を国家として表現していることを指摘し、読者に対しネット上で今後も海賊版を作成していくべきかネット投票を呼び掛けるなどしているのです。

そもそも、海賊版は「知的財産権侵害」というれっきとした犯罪です。そもそも犯罪行為を行う者がこうした政治的主張を行い、ネットでアンケートまで行うとは厚顔無恥と言わざるを得ません。