500万円の全財産を女性配信者に投げ銭した男性が自殺 | 周来友 オフィシャルブログ

周来友 オフィシャルブログ

中国出身のジャーナリスト、タレント。
公式ホームページ:http://zhoulaiyou.jp

エンタメ業界への規制を強めている中国。日本でもお馴染みとなっている動画配信者への「投げ銭」についても規制が行われ、未成年による投げ銭が禁止されました。こうした中、多額の投げ銭を巡り男性が自殺する事件が発生しました。

中国メディア•河南商報(10月9日)は、30万元(約500万円)もの多額の金を女性動画配信者に渡してしまった男性が自殺したことを報じています。

自殺した男性の遺族によると、48歳のこの男性は、動画配信を行っていた女性に恋愛感情を抱き、投げ銭システムを利用し、女性に対し30万元もの金を送っていました。

《メディアに答える自殺した男性の娘》


男性は高校の数学教諭として教壇に立ち、真面目な生活を送っていましたが、昨年妻と離婚。その後、一人娘と共に2人で生活していたといいます。こうした生活の中今年4月、男性は偶然視聴していた動画配信者の女性を気に入り、度々投げ銭をしていたと伝えられています。

26歳の動画配信者の女性と、48歳の男性は直接会ったことはなかったものの、徐々に交際関係となり結婚の約束をするようになっていました。

ところが、女性動画配信者は男性からの投げ銭の金額が少なくなってきたことを理由に、男性との連絡を絶ったのです。男性は女性配信者との別れに悲観し今月4日、自宅近くの川に身を投げ自殺したのです。遺族によると、男性は全財産を女性配信者に渡してしまっていたとメディアに話しています。今回の女性配信者は現在も平然と動画配信を行っていることから、男性の遺族は憤りの声を上げています。

結婚詐欺とも言える今回の事件ですが日本同様、中国でも結婚詐欺の証明は非常に難しく、女性配信者を法的に罰することは厳しいのが現実です。こうした事件は中国では非常に多く、今後中国国内の投げ銭システムは、ますます厳しく当局の管理下に置かれることになるのかもしれません。