中性的男性アイドル排除の中国 中国進出に影響も | 周来友 オフィシャルブログ

周来友 オフィシャルブログ

中国出身のジャーナリスト、タレント。
公式ホームページ:http://zhoulaiyou.jp

このところ中国の芸能界に大きな異変が見られています。中国国家ラジオテレビ総局は、国内のテレビ局に対し、アイドル育成やアイドルオーディション番組などの放送を行わないよう指導するなどの動きが見られていました。

さらに、中性的なイケメン男性アイドルについても「女々しさが強調されており男らしさが足りない」としてメディアへの出演を制限していくことも併せて発表されたのです。




美形アイドルの存在が中国の芸能界で大きくなりドル箱産業となっている中での突然の発表に、ネットユーザーなどからも個人の個性を国家が管理することに大きな不満の声も寄せられています。

中国では15年ほど前から韓国のKPOP文化が流入し、若者を中心に人気を博してきました。当時、多くの中国の若者が韓国のアイドルオーディション番組などに参加し、EXOなど中韓混合アイドルグループなどが数多く誕生してきました。KPOPアイドルと言えば、中性的なメイクの美少年たちが歌唱・ダンスを披露する印象がありますが、こうしたKPOP文化が中国に入ってきたことで中国でも同様のアイドル文化が定着していったのです。

中性的なイケメンアイドルが人気を博す中、中国政府は「男らしさ」の欠乏は、男性を弱々しくするものであると考えているのです。今年、中国人民政治協商会議で、「男性の女性化を防ぐ法案」が提出されるなどしていることからもその本気度が分かります。

「男らしく」「女らしく」という言葉は日本では個人の個性を否定するものとして考えられていますが、中国では時代に逆行するかのように政府が肯定的に推し進めているのです。今、日本の多くの男性アイドルが中国進出に乗り出していますが今回の政府による政策は、今後の中国進出にも大きな影響を与えそうです。