「ユニバーサル・スタジオ・北京」間もなく開園 詐欺行為が多発 | 周来友 オフィシャルブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

周来友 オフィシャルブログ

中国出身のジャーナリスト、タレント。
公式ホームページ:http://zhoulaiyou.jp

「ユニバーサル・スタジオ・北京」が、9月20日に正式に開園することが発表されました。今月14日からは、チケットの発売が開始される予定となっており、多くのファンの注目が集まっています。当初は今年の5月に開園することとなっていましたが、コロナ禍の影響で開園が9月にまでずれ込むこととなっていました。気になるチケット価格ですが、シーズンによって変動し、最安で418元(約7000円)、最高で748元(約1万3000円)となることが明らかとなっています。










こうした中、早速中国国内ではチケット購入を巡り、詐欺組織による詐欺行為が確認され国営メディアなどが注意を促しています。

中国メディアによると、すでにウェイボ(中国版Twitter)などでは、入園チケットの販売を謳うアカウントが確認されており、被害も報告されていると伝えています。被害者によると、チケット販売を謳うアカウントは1枚1000元(約1万6000円)でチケットを販売すると話を持ちかけ、名前・電話番号・身分証番号などの個人情報を要求し、その後決済専用画面に誘導され、1000元の支払いを求められると証言しています。

さらに別の詐欺業者は、チケットの引換券を2999元(約4万8000円)で販売すると宣伝し、購入者には20日の開園後にネット上で引換券をチケットに変換出来ると伝え、金銭を騙し取っていました。

これまでにすでに4名の詐欺組織のメンバーが逮捕されるなど、警察当局は開園を前に詐欺行為の摘発に乗り出しています。年間売上9600億円を目指す「ユニバーサル・スタジオ・北京」。大きな注目が集まっています。