ユニバーサルスタジオ北京!いよいよ開園へ | 周来友 オフィシャルブログ

周来友 オフィシャルブログ

中国出身のジャーナリスト、タレント。
公式ホームページ:http://zhoulaiyou.jp

中国では来月5月より世界最大規模のテーマパーク“ユニバーサルスタジオ北京”が開園する予定となっています。中国国内のテーマパークと言えば、これまで上海ディズニーランドが知られてきましたが、今回中国の首都・北京にも一大テーマパークが誕生することになるのです。

北京市南部にある郊外・通州区で開園するユニバーサルスタジオ北京は、シンガポールのユニバーサルスタジオの5倍、大阪のユニバーサルスタジオの2倍となる約400万平方メートルの広さを誇ります。

中国現地メディアによると、ユニバーサルスタジオ北京は、今年年内の来場者数を1000万人、年間の来場者数を3000万人と予想していると伝えており、大きな注目が集まってきました。また入場料についても他地域のユニバーサルスタジオなどの入場料などを考慮すると、400元〜500元(約6400円〜8000円)程度となり、来園者のパーク内での消費活動などから年間売上は最大で600億元(約9600億円)となることが予想されています。ユニバーサルスタジオ北京は、下記の7つのエリアで構成されています。

①ハリーポッターエリア


②トランスフォーマーエリア

③カンフーパンダエリア

④ハリウッドエリア

⑤ウォーターワールドエリア

⑥ミニオンエリア

⑦ジュラシックパークエリア

来月からの開園に合わせ、今月中旬にはメディア向けの公開イベントも開催され、公式ホテルやアトラクション内部の情報も徐々に解禁されています。年間売上9600億円を目指すユニバーサルスタジオ北京。5月からの連休に大きな期待が集まっています。