中国ビリビリ動画から日本製アニメ作品が次々と削除 | 周来友 オフィシャルブログ

周来友 オフィシャルブログ

中国出身のジャーナリスト、タレント。
公式ホームページ:http://zhoulaiyou.jp

皆さんは中国の動画配信サイト・bilibiliをご存知でしょうか?日本のニコニコ動画にヒントを得て誕生した動画配信サイトで、世界各国のアニメを観ることが出来るため中国国内では若者を中心に、ユーザー数は約2億人となっています。

日本の人気アニメ作品なども多く配信されているビリビリ動画ですが、実は異変が起こっています。今月に入り日本のアニメ作品の多くが次々と削除されていることが分かったのです。

きっかけは今月2日、中国国内のメディア事業を管轄する政府機関・国家新聞出版広電総局が通達した配信作品に対する審査の厳格化でした。当局は特に日本のアニメ作品に対する内容について、中国国内で配信するかどうかを決定する審査を当局が主導して厳格に行なっていくことを発表したのです。


香港メディアによると、ビリビリ動画側は当初、日本から購入した日本のアニメ作品複数を4月から配信をしていくことを発表していましたが、当局の今回の措置により日本製アニメ作品はこれまでに一つも配信されておらず、さらにすでに配信されていた日本のアニメ作品についても当局の審査を受けているためサイト上から次々と削除されているのです。

これまでに分かっているだけで、《進撃の巨人》《デート・ア・ライブ》など、中国でも人気の高い日本のアニメ作品が削除されているのです。さらには、中国でも人気の《無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜》については、当局による審査の結果、女性に対する侮辱的な表現があったとして削除の対象となってきました。

中国国内のSNSなどには、今回の当局による審査厳格化について「次々と正規に配信されていたアニメ作品が削除されることになれば海賊版を観る人が増えるのではないか」などの懸念の声も寄せられています。

アニメ作品の内容についてが当局の厳しい管理下に置かれる中、多くの日本人動画配信者が中国に進出しています。今後、こうした当局の厳しい管理や審査は中国に進出する海外の動画配信者にも向けられることになっていくのではないでしょうか。