新型コロナウイルス、5度目の検査でようやく陽性反応 | 周来友 オフィシャルブログ

周来友 オフィシャルブログ

中国出身のジャーナリスト、タレント。
公式ホームページ:http://zhoulaiyou.jp

無症状発症、潜伏期間感染、エアロゾル感染など新型コロナウイルスの存在が公表されてから現在に至るまで日々、ウイルスの特徴について新たな情報がアップデートされています。そんな中、今後の日本でのコロナウイルスの感染チェックにも影響を及ぼしかねない事実が明らかになりました。

中国メディア・四川日報(2月13日付け)は、新型コロナウイルスの感染チェックを4回受けた女性が、全て陰性だったにも関わらず5回目に陽性反応が出たことについて報じています。
《女性が入院していた病院》

女性は1月26日、四川省攀枝花市にあるレストランで、夫と共に友人たちと食事をしていました。それから数日後、一緒に食事をしていた友人の一人が新型コロナウイルスに感染していることが判明、2月2日には夫にも症状が表れ検査の結果、陽性だったのです。

女性も発熱や肺炎の症状が見られたため核酸検出法による検査を行ったところ、陰性判定だったのです。その後、女性は地元の四川省成都市第一人民病院で、CT検査などを行ったところウイルス性肺炎に感染していることが分かりました。女性が新型コロナウイルスに感染している可能性は状況的に非常に高いのですが、この後3度にわたる検査でも陰性反応が示されたのです。

女性は担当医の判断で入院措置が採られ、その結果、熱は下がり咳や肺炎の症状も落ち着きました。容態が落ち着いた2月9日、女性に5度目の検査を行ったところようやく陽性反応が示されたのです。

今回の事例について専門家は、特殊な事例であり特に恐れる必要はないとしていますが、こうした特殊な事例がどのような頻度で発生するのかなど、中国側は詳しいデータをとりまとめ情報提供を行ってほしいと思います。