新型コロナウイルス、今月に収束の予想も | 周来友 オフィシャルブログ

周来友 オフィシャルブログ

中国出身のジャーナリスト、タレント。
公式ホームページ:http://zhoulaiyou.jp

現在も日々、感染者の増加がクローズアップされ報じられていますが、中国当局の発表では新たに確認される感染者数に減少傾向が見られることを発表しました。

2月9日午前9時時点での中国全土での感染者数は37251名で、これまでは1日当たり3000人〜4000人のペースで感染者が増加してきました。そんな中、2月8日から9日にかけての新たな感染者数は2653人と減少傾向に転じたことが分かりました。

中国国内では、新型コロナウイルスへの隔離措置や消毒措置などが功を奏し5月15日頃から感染拡大に歯止めがかかり新たに感染する人数が減少傾向に転ずるのではないかと期待する声が多く寄せられていました。こうした中、中国国家衛生健康委員会の専門医師である鐘南山氏は、これまでに感染者の増加が多かった時から数え、潜伏期間日数である2週間、つまり2月20日以降に見られる感染者の増減によって感染社減少の予兆を判断するべきであると主張しています。


《鐘南山氏》

つまり来週木曜日の感染者数が今後の大きな鍵を握っていると主張しているのです。早ければ今月20日に収束の様相を見せるのか、はたまた5月以降に収束の様相を見せるのか、専門家によってその予想に大きな開きがあるところなのです。現在も日々、感染者の増加がクローズアップされ報じられていますが、中国当局の発表では新たに確認される感染者数に減少傾向が見られることを発表しました。

2月9日午前9時時点での中国全土での感染者数は37251名で、これまでは1日当たり3000人〜4000人のペースで感染者が増加してきました。そんな中、2月8日から9日にかけての新たな感染者数は2653人と減少傾向に転じたことが分かりました。

中国国内では、新型コロナウイルスへの隔離措置や消毒措置などが功を奏し5月15日頃から感染拡大に歯止めがかかり新たに感染する人数が減少傾向に転ずるのではないかと期待する声が多く寄せられていました。こうした中、中国国家衛生健康委員会の専門医師である鐘南山氏は、これまでに感染者の増加が多かった時から数え、潜伏期間日数である2週間、つまり2月20日以降に見られる感染者の増減によって感染社減少の予兆を判断するべきであると主張しています。


《鐘南山氏》

つまり来週木曜日の感染者数が今後の大きな鍵を握っていると主張しているのです。早ければ今月20日に収束の様相を見せるのか、はたまた5月以降に収束の様相を見せるのか、専門家によってその予想に大きな開きがあるところなのです。現在も日々、感染者の増加がクローズアップされ報じられていますが、中国当局の発表では新たに確認される感染者数に減少傾向が見られることを発表しました。

2月9日午前9時時点での中国全土での感染者数は37251名で、これまでは1日当たり3000人〜4000人のペースで感染者が増加してきました。そんな中、2月8日から9日にかけての新たな感染者数は2653人と減少傾向に転じたことが分かりました。

中国国内では、新型コロナウイルスへの隔離措置や消毒措置などが功を奏し5月15日頃から感染拡大に歯止めがかかり新たに感染する人数が減少傾向に転ずるのではないかと期待する声が多く寄せられていました。こうした中、中国国家衛生健康委員会の専門医師である鐘南山氏は、これまでに感染者の増加が多かった時から数え、潜伏期間日数である2週間、つまり2月20日以降に見られる感染者の増減によって感染社減少の予兆を判断するべきであると主張しています。


《鐘南山氏》

つまり来週木曜日の感染者数が今後の大きな鍵を握っていると主張しているのです。早ければ今月20日に収束の様相を見せるのか、はたまた5月以降に収束の様相を見せるのか、専門家によってその予想に大きな開きがあるところなのです。鐘南山氏は、今回の新型コロナウイルスとSARSとの遺伝子情報が酷似している点や潜伏期間を踏まえ、2月中旬頃にピークを迎え20日頃から収束に向かうと予想しています。

春節も終わり、中国では今も多くの企業や工場が営業停止を強いられる中に日本経済にも徐々に影響を及ぼしつつあります。今月中に収束の目処が立てばよいのですが。