新型コロナウイルス、明日から交通機関でラッシュ開始か | 周来友 オフィシャルブログ

周来友 オフィシャルブログ

中国出身のジャーナリスト、タレント。
公式ホームページ:http://zhoulaiyou.jp

新型コロナウイルスの拡大が止まらない中国、今も日々感染者と死亡者が増え続けています。感染拡大食い止めのため、中国国家衛生健康当局は国民に向けマスクの着用、手洗い、うがいを呼び掛けています。

そんな中、中国では明日から営業を再開する企業が増えることや、これまで新型コロナウイルスの影響で移動が制限されていた人々が都市部に帰省することが予想されているため、都市部の交通機関では多くの人々で混み合うことが予想されています。



中国国務院では、先日行った記者会見でこれから中国国内で発生する帰省ラッシュや出勤ラッシュについて言及し、すでにビッグデータを通した分析を行っていると発表しました。

公表されたビッグデータの分析によると、今年は1月30日〜2月18日までの間に約4億人の人々が都市部に戻ってくることが予想されています。それに加え、2月10日からは多くの国内企業が営業を再開するため、地下鉄やバスなどの交通機関でも出勤する人々による通勤ラッシュが発生することが予想されているのです。



今回の新型コロナウイルスは人々が密集するような場所では濃厚接触の機会が増えるため、感染の危険性が高くなります。そのため現在中国各地の衛生当局や鉄道当局では様々な施策を行っています。鉄道部は春節終了後の上京ラッシュによる鉄道利用者の数を減らすため、乗車券の返金対応を無料で行うことを発表し、これまでに6058万枚のチケットの返金を行いました。また、国内の航空各社でも返金対応を行い1300万枚の航空券の返金対応が行なわれました。

さら鉄道や地下鉄、バスにおける利用者の増加に対しては車内の消毒剤の散布、換気の徹底、乗客への体温チェックを行う他、駅に医師を常駐させる方針だと伝えられています。明日から上京ラッシュや出勤ラッシュが各地で本格する中、中国では大きな緊張に包まれています。