無印良品が中国で非難の矢面に、きっかけは3文字 | 周来友 オフィシャルブログ

周来友 オフィシャルブログ

中国出身のジャーナリスト、タレント。
公式ホームページ:http://zhoulaiyou.jp

MUJIのロゴマークでもおなじみの無印良品ですが、一昨日から中国で大きなバッシングに遭っています。その原因は公式SNSで発信した3文字の言葉でした。


今月10日、無印良品の上海店が一般市民に向けたウォーキングイベントを開催しました。それに先立ち、無印良品はウェイボー(中国版Twitter)で上海市内の旗艦店を起点に市内をウォーキングするイベントへの参加を呼びかけていたのですが、そのルート説明の中で、“法租界”という言葉を使用してしまったのです。




《無印良品が投稿した今回の文書》


法租界とはつまり、フランス租界地を意味する中国語で、中国人にとっては屈辱的な歴史を思い出させる言葉なのです。


1840年代の中国(清時代)は、イギリスとのアヘン戦争に敗戦し南京条約を締結。その結果、上海にイギリスの租借地ができました。その後、1844年にはアメリカと望厦条約を、さらに同年、フランスと黄埔条約を締結し、上海は列強各国に占領されることになりました。


今回のイベントを開催した無印良品の上海店は、淮海という地区にありますが、ここは当時のフランス租界地だったため、店舗の場所を“法租界”と表現してしまったのです。


そうした中国の歴史への理解を欠いた対応に、中国では国営メディア・人民日報なども強く反発。中国人民の感情を深く傷つけたとして無印良品を厳しい文調で批判しています。


一方、無印良品は市民やメディアからの批判を受け、「中国の歴史や文化に対する尊重の気持ちが足りなかったことで、多くの中国国民の感情を傷付けてしまい、申し訳ありませんでした」と、謝罪声明を発表しました。


租借地時代の上海に対しては、アジアと西洋文化が融合し、華やかでオシャレなエリア(老上海)というイメージを持っている方も多いと思いますが、その一方で、屈辱的な歴史を経験した場所と認識している中国人が多いことも事実です。中国人とビジネスや交流をする際は、こうした何気ない話題や言葉が地雷となってしまうことがあることを心に留めておかなければなりません。今回の事件が不買運動などへ発展しなければ良いのですが。