家電大手・ハイアール、ブラック企業として報じられた理由とは? | 周来友 オフィシャルブログ

周来友 オフィシャルブログ

中国出身のジャーナリスト、タレント。
公式ホームページ:http://zhoulaiyou.jp

中国家電大手のハイアールは1984年の創業以来成長を続け、2017年には従業員数が世界全体で7.3万人、売上が2兆5千億円に達しました。全世界の家電製品の10%をハイアールが製造していると言われ、日本でも量販店で“Haier”ブランドを目にしたことがある方もいるのではないでしょうか。



世界的大企業となったハイアールですが、このほど中国メディアがハイアールにブラック企業疑惑が持ち上がっていることを報じました。問題が表面化したのは今月6日。ハイアールはこの日、勤務時間中に睡眠をとっていたとして、工場作業員4名との労働契約を打ち切ったと発表しました。ハイアール側の説明によると、4人の作業員たちは昼11:30~13:00の間の任意の30分間に昼食を済ませることになっていたにも関わらず、時間を超え睡眠を取っていたといいます。しかし、これに対し中国メディアは、食堂は多くの作業員が利用するため並ぶだけで数十分かかる上、作業開始数分前には作業場に戻らなくてはいけないため、実際に昼食と取る時間は7分程度しかなかったと報じました。

さらに、これまでハイアールが低賃金で時間外労働を長時間行わせていた事実も明るみに出たことから、メディアや世論は「4人の従業員たちはあまりに疲れたため寝てしまったのに、その罰が解雇というのはやりすぎではないのか」とハイアールに対する批判を強めているのです。今回の問題が公になると、ハイアールの従業員だったというあるネットユーザーは、ハイアールが従業員に対し月給4500元(約72000円)という低賃金で、一日15時間の長時間労働を強いていたと書き込むなど、そのブラック企業ぶりが明らかとなってきました。この月給は中国の大学生初任給とほぼ同額です。

実はハイアールは2016年にも問題を起こしています。流産したとして、当時従業員だった女性が会社に療養のための休暇を申し出たところ、会社側はこれを拒否した上、無断欠勤として処理。さらに、その後女性を解雇するという暴挙に出たのです。

裁判では、ハイアール側の敗訴が確定し、女性には賠償金が支払われましたが、過去にこうした問題を起こしているにも関わらず、相変わらず従業員に対し非人道的な扱いをしているハイアールには今、大きな批判が集まっています。

今回の事件について、ハイアール側は沈黙を守っていますが、こうしたブラックな世界的企業は、ハイアールだけではありません。

《iPhone工場での自殺を報じるメディア》

今日、新型iPhoneが発表され世界的に注目が集まるアップルですが、実は先月、中国国内の製造工場で労働法に違反する行為が発覚したばかりです。鄭州市にある製造工場は、労働法で「臨時工員は10%まで」規定されているにも関わらず、従業員の半数、50%が臨時工員だったのです。アップル社は、下請けのフォックスコン側と話し合い、是正していくとしていますが、同社は過去にも長時間労働に追い詰められた工員の自殺が相次ぐなどしており、今回の問題は労働環境の改善を始めた矢先の出来事でした。

それにしても、中国企業としてブラック企業のイメージがすっかり付いてしまったハイアール。一度失った信用を取り戻すことは出来るのでしょうか。