上海ディズニー、国内からの批判を受け食品の持ち込みを容認へ | 周来友 オフィシャルブログ

周来友 オフィシャルブログ

中国出身のジャーナリスト、タレント。
公式ホームページ:http://zhoulaiyou.jp

上海ディズニーランドは開園からおよそ3年が経ち、連日、多くの人が訪れる人気テーマパークとなりました。その一方で、ここ数ヶ月は園内への食品の持ち込み禁止に対し、中国国内から否定的な意見が相次いでいました。参考記事

最終的に園内への食品持ち込みを拒否された大学生に訴えられる事態にまで発展した同問題ですが、昨日、中国国営メディア・人民日報に「上海ディズニーランド、大学生の訴えを認め改善へ」という記事が掲載されました。

これまで上海ディズニーランドは、食の安全性などの観点から園内への食品の持ち込みを認めていませんでしたが、今回、大学生の訴をきっかけに「消費者の権利を侵害している」といった批判の声が高まり、条件付きで持ち込みを認めることにしたのです。記事によれば、上海ディズニーは社内の各部門とも協議を重ね、刺激臭のある食品や加熱などの加工が必要な食品を除き、基本的に弁当を含めた食品の持ち込みを全面的に認めました。また、ドリンクについてはこれまで通り、アルコール類を除く飲料の持ち込みを認めていくとしています。

《これまで行われていた荷物検査》

上海ディズニーランドの担当者は、「今回の措置によって来園者の理解と支持を得られると信じている。また、プライバシーの問題から多くのクレームを頂いていた来園者への持ち物チェックも、今後はX線検査やハイテク技術を採用し、プライバシーに配慮した安全対策を進めていく」としています。

中国の一般市民の声に応じる形で食品の全面的な持ち込みを容認した上海ディズニーランドですが、ネット上では依然、パーク内のレストランが高額で食事ができないとして、改善を求める声が高まっています。果たして上海ディズニーはパーク内のレストランでも、市民の声に応え価格を下げていくのでしょうか。