コストコ、中国出店から1週間経った今どうなった? | 周来友 オフィシャルブログ

周来友 オフィシャルブログ

中国出身のジャーナリスト、タレント。
公式ホームページ:http://zhoulaiyou.jp

8月27日、上海でアメリカの会員制量販店・コストコ一号店がオープンしました。開店当日、店舗には多くの人が訪れ、16万枚もの会員カードは即完売。予想以上の人の多さに、開店からわずから4時間で店舗が営業停止になるなど、人気の高さが証明される形となりました。ただ、ネットユーザーからは「転売目的の客がほとんどなのではないか」といった声も少なくなかったため、その後の来客状況に注目が集まっていました。

そんな中、地元上海のメディア・浙江新聞(9月3日付け)が、営業開始から1週間経ったコストコの様子について報じています。記事によると、9月3日午前9時、コストコを訪れると、営業初日とは打って変わって列に並ぶこともなく、すぐに入店することができました。開店当初は、午前7時になるとすでに大行列ができており、「入店まで3時間待ち」という状況がウソのようです。

《開店当初の行列はすでになくなり、柵だけが残されている》

記事によると、16万枚もの会員カードが出店初日に全て売り尽くされましたが、31日には、その返却を求める客がコストコに殺到したというのです。開店当初、コストコは目玉商品として高級酒・茅台酒を超低価格の1498元(約24,000円)で販売していましたが、開店初日で全て売れ切りとなり、その他の目玉商品も開店後3日目には他店とほぼ同じ価格にまで下がったと言います。

同店を訪れた来店客はメディアの取材に対し、「交通費を使って、コストコに来たけれど、地元のスーパーと価格がほぼ同じだし、お得感がない」と、感想を漏らしました。

当初は、転売目的の来店客も多かったコストコですが、一般客にとってはイマイチという評価だったようです。今後、米中間のさらなる貿易摩擦により、中国における商品の低価格化がますます難しくなっているコストコ。この危機をど乗り越えるのか、まさに正念場を迎えています。