世界トップスマホ・ギャラクシーが中国で危機 | 周来友 オフィシャルブログ

周来友 オフィシャルブログ

中国出身のジャーナリスト、タレント。
公式ホームページ:http://zhoulaiyou.jp

韓国発のアイドルグループ・EXOの中国人メンバーで、最近は中国でのソロ活動も活発な中国人メンバー・レイ(張芸興)が、政治的問題を理由にサムスン電子との広告契約を解消したと発表しました。

《中国で公開されていたレイ出演のギャラクシーシリーズの広告》

これまでサムスン電子が販売してきた人気スマートフォン・ギャラクシーシリーズは、昨年約5兆円を売上げた世界でもトップシェアを誇るシリーズで、中国でも人気の高いブランドです。

そのギャラクシーシリーズのCMや広告に出演してきたレイが、所属事務所を通じ、契約の解消を決定したと発表したのです。

中国メディアによれば、サムスン電子が公式ホームページ上で国名を選択する画面に香港を単独表記していたことが、広告契約解消の原因になったといいます。

中国では現在、香港や台湾の表記を巡ってヴェルサーチやコーチなどの海外有名ブランドが非難の対象となっており、中国人アンバサダーが次々とブランド側との広告契約解消を発表する事態となっていますが、いずれの場合も「政治問題に巻き込まれたブランドと契約を続けていけば、自身が非難の対象となってしまう」ことを案じ、問題発覚からわずか1日以内という早いタイミングで契約解消を発表しています。

問題となっているブランドについては、ネット上で商品の不買運動を呼びかける動きも始まっており、今回のギャラクシーシリーズもその対象となる事が危惧されています。果たして、世界トップシェアを誇るギャラクシーも中国市場を失ってしまうことになるのでしょうか。