蒼井そらと赤いネッカチーフ | 周来友 オフィシャルブログ

周来友 オフィシャルブログ

中国出身のジャーナリスト、タレント。
公式ホームページ:http://zhoulaiyou.jp


テーマ:
セクシー女優でお馴染みの蒼井そらさんの中国での人気については、以前もブログで紹介したことがありますね。日本人であるにも関わらず、中国版Twitter《Weibo》を開設するやフォロー数が3000万人を突破するなど、中国での人気の高さは今更言うまでもありません。

そんな蒼井そらさんですが、中国メディアによると、今中国で大きな批判の的となってしまっているようです。批判の原因となったのは、先日中国企業のイベントに出席した蒼井さんが身に着けていた赤いネッカチーフでした。

《イベントでの実際の様子》

中国では一昔前、赤いネッカチーフを首に登校する小学生の姿がよく見られました。こうした光景は今も中国のいたるところで目にすることができるのですが、もともと中国では赤いネッカチーフは「少年先鋒隊員」であることを意味しました。

少年先鋒隊員とは1949年に設置された中国共産党の少年組織で、首に「革命の赤」「革命のために命を落とした人々の鮮血」を意味する赤のネッカチーフをしていたからです。こうした特別な意味のある赤いネッカチーフを、企業が宣伝のためにアダルト女優に着けさせたことから批判を集めてしまったにのです。

さらに、批判の声が拡大する要因となったのがこの企業の業種でした。この企業は男性精力剤を扱う会社だったのです。その精力剤の宣伝のために政治的な意味合いの強い赤いネッカチーフを利用してしたわけですから、問題にならないはずがありません。

中国当局はすでに「中華人民共和国英雄烈士保護法」違反の疑いでこの企業を捜査すると発表しました。この企業の行為が革命に対する侮辱だという訳です。

近年、隆盛を誇る中国のエンタメ業界ですが、日本人にはわかりにくい中国独特の政治的、歴史的タブーも数多く存在します。日本と中国の間でも近年、エンタメ業界での交流が進み、多くの日本人が中国で活躍するようになりました。今回のような事件を再び起こさないためにも、中国の政治や歴史について最低限の知識を学ぶ必要があるのかもしれません。

周来友さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス