100年の日本家屋 | 一般社団法人福岡県古民家再生協会
新型コロナウイルスに関する情報について

一般社団法人福岡県古民家再生協会

文化的価値や建物の耐久性を元にして家屋の価値を評価します。
古材を活用したリフォーム・新築を進める事により資源循環型の社会に貢献します。

木の家が100年もっています。
この間には色んな出来事があったはず、なのにちゃんとこうして残っている。



屋根瓦は杉皮に土をのせて1枚いちまい葺いてあります。以前の瓦はクセリがあり屋根葺きは大変でした。今は桟瓦で焼きも良くなりクセリも比較的なく綺麗に葺く事ができます。

勿論メンテナンスあってのことですがこうしてちゃんとしてあるのです。
新しい家も良いのですが、こうして残っている日本家屋を後世に渡って残していくことも大事なことだと思います。