古民家耐震パネル型面格子壁 | 一般社団法人福岡県古民家再生協会

一般社団法人福岡県古民家再生協会

文化的価値や建物の耐久性を元にして家屋の価値を評価します。
古材を活用したリフォーム・新築を進める事により資源循環型の社会に貢献します。


テーマ:
古民家は伝統構法と呼ばれる建築工法で建てられており、地震時に揺れて地震の力を逃す免震的構造が特徴です。
現在の住宅は在来工法と呼ばれ、地震時にはできるだけ建物を揺らさない耐震構造です。

古民家の耐震改修では免震的構造の建物を耐震構造に改修する事は建物の寿命そのものも短くすることにも繋がります。

できるなら免震的構造を活かした再築基準による耐震改修を実施しております。

具体的にはまず現地で建物現状を調査して伝統耐震診断を実施。
耐震性能がが一応安全以上と評価される場合にはそのまま再築してリフォーム瑕疵保険を付保。

耐震性能がやや危険以下と評価される場合には時刻応答解析法にて古民家耐震パネル型面格子壁と制震ダンパーを使い耐震改修工事を実施して耐震改修工事を実施し、リフォームかし保険を付保しています。

今回3台の伝統耐震パネル型面格子壁を依頼され本日現地に配送しました。





鑑定士の視点さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ