経年劣化 | 一般社団法人福岡県古民家再生協会

一般社団法人福岡県古民家再生協会

文化的価値や建物の耐久性を元にして家屋の価値を評価します。
古材を活用したリフォーム・新築を進める事により資源循環型の社会に貢献します。


テーマ:
古民家の壁は土壁でできています。
柱間に貫を通して竹小舞をかきそこに荒壁、中塗り、仕上げ塗りと3層にて仕上がっています。
100年以上ともなると経年により劣化もします。
道路沿いにある古民家はとかく車の振動などで壁間の層が肉離れして剥離したりする。





最近、地震の影響もあるのかもしれない。
中塗りの土壁と荒壁が綺麗に剥離して落ちた。
急遽、補修工事となりました。

今回、湿式工法で補修となりました。

鑑定士の視点さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス