継手 | 一般社団法人福岡県古民家再生協会

一般社団法人福岡県古民家再生協会

文化的価値や建物の耐久性を元にして家屋の価値を評価します。
古材を活用したリフォーム・新築を進める事により資源循環型の社会に貢献します。


テーマ:
木材わを組み合わせる方法として今で言う在来工法は木材を加工して組み合わせ、釘や金物で補強するのに対して伝統構法においても木材同士を高度な加工で接合し、込み栓やクサビで固定される

組んだ継手をみると単純に見えても加工の中は複雑に組み合って、材の外部からの捻れや荷重に対応できる組手となっている!




材の接合にかかる引っ張りや曲げ、せん断に抵抗できるように材同士の引っ掛かりやアゴの目違いや、込み栓、車知栓などで補強される。

大きな梁などは台持ち継が用いられダボなどの継手が用いられます。
継手ひとつとっても数知れずあり、適材適所で組まれ長持ちする工法が考えられている。

今の住宅にはプレカット工場にて作られている事もあり伝統的な組手は難しい。
やはり手刻みによる微妙な感覚が必要だ!


鑑定士の視点さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス