百日紅(ヒャクジツコウ) | 一般社団法人福岡県古民家再生協会

一般社団法人福岡県古民家再生協会

文化的価値や建物の耐久性を元にして家屋の価値を評価します。
古材を活用したリフォーム・新築を進める事により資源循環型の社会に貢献します。


テーマ:
百日紅、今年も咲いてくれました。
幹の先に咲き夏から百日近く咲く事から百日紅と名付けられたとされる。
一般的にはサルスベリといったが馴染みのある!
樹皮が白っぽくスベスベしていてサルでも滑ってしまうのではないか、そんな事によりこの名前が付いたとも




ある王子が百日後に恋人との再会を約束して旅だったものの戻ると恋人は亡くなっていて、埋葬跡からこの木が生えたとされる伝説もある。

なんとも悲しさも感じらけど…
その恋人の想いが強い分花は実に華やかに思える。
この暑い中にも可憐な花を咲かせています。


鑑定士の視点さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス