食育と住育 | 一般社団法人福岡県古民家再生協会

一般社団法人福岡県古民家再生協会

文化的価値や建物の耐久性を元にして家屋の価値を評価します。
古材を活用したリフォーム・新築を進める事により資源循環型の社会に貢献します。


テーマ:
食育と住育
食育基本法と住生活基本法
2005年に食育基本法が設立
 食育によって国民が生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性を育むことを目的とするとあります。

2006年に住生活基本法が施行
家を建てる上での安心、安全な住宅を十分に供給する為の住宅政策の指針となります。

生まれてから生涯食と住と衣は切っても切れないもの。いずれも以前は自然のものと付き合ってきたもの。いつのころか人間は色んなものをつくってきました。
自然なもの、大地の恵みに感謝して関わってきたもの。つくられたもの工業製品は土とは縁遠いもの、工は縦が上の横一を突き通ってません。
突き通ったのが土になる。

土は天高く延びる様にみえます。
工はいずれ朽ちるものなのかもしれない。

口にする食べものも工より土
つまり、自然なものが安心、安全なのかもしれない。

化学肥料でもなく、消毒もしないものはある意味安心なのかもしれない。




食してみた。
自然な味がした。

鑑定士の視点さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス