まだまだあります古民家か | 一般社団法人福岡県古民家再生協会

一般社団法人福岡県古民家再生協会

文化的価値や建物の耐久性を元にして家屋の価値を評価します。
古材を活用したリフォーム・新築を進める事により資源循環型の社会に貢献します。


テーマ:
地域には見かけることがある「杉玉」がある。
これは造り酒屋の軒先に見る事ができる。
蔵で酒を醸造し、お店でそれを販売するもの
造り酒屋は鎌倉時代に発生し、室町時代には隆盛期をむかえたといいます。

多くの造り酒屋ではこの2月頃にその年に醸造した新酒をお披露目される。
たまたまお伺いした「古民家」
まさしく「造り酒屋」で今はもう造ってはいないといわれる。

流石作りは圧巻です。

{D75F6F95-A8DE-41BC-A777-67C37AADE2A8}

{D1A5423F-43FE-4C79-9858-CB1E076E0AA2}

{28C08D2D-6B54-4C66-AD31-C3BF1A6AC32E}

後継もいないし、あとはどうしようかと悩みのタネだといわれます。
築90年以上の古民家、水に一年浸けてそれから製材して数年後に建てたと言われる。
{5AA4B3D3-CDEB-4999-8FC2-D9E12C9B3D28}

{DD98A8CE-0048-4F7F-AA77-7B9AE8BCF8F6}

{951B344B-F3E1-479B-917B-7ADEBE41F2D2}

何かのお困りの時は是非お声をかけて頂くようお約束して別れました。
ジャパトラを見る笑顔が印象的でした。

鑑定士の視点さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス