杉の木 | 一般社団法人福岡県古民家再生協会

一般社団法人福岡県古民家再生協会

文化的価値や建物の耐久性を元にして家屋の価値を評価します。
古材を活用したリフォーム・新築を進める事により資源循環型の社会に貢献します。


テーマ:
日本固有種である杉は日本全体に自生する。
第二次世界対戦前は台湾、朝鮮半島で植林されていました。
樹皮は褐色で表面は縦に割れ剥ぎ易く伐採においても表面を剥ぐことで枯らしたりする。

50、60年が伐期とするものの条件しだいでは屋久杉の様に2000年以上もなるものもある。

杉は風媒花でこれから4月にかけ多量の花粉を飛ばし私たちに花粉症として悩ます。
また琛根性で根を深く伸ばす。本来は土砂災害に強いとされるものの、植林されるスギやヒノキの苗は押し木栽培の為地中に深く伸びる直根が出ないため、台風や大雨などには簡単に倒れ易い特徴がある。

{D8B6F3E0-79AF-479B-92AC-418F78289EAF}


鑑定士の視点さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス