入母屋造 | 一般社団法人福岡県古民家再生協会

一般社団法人福岡県古民家再生協会

文化的価値や建物の耐久性を元にして家屋の価値を評価します。
古材を活用したリフォーム・新築を進める事により資源循環型の社会に貢献します。


テーマ:
今でこそ少なくなった入母屋造
以前はよく見かけたし、入母屋造は普通に造られてたのです。
最近よく見かける屋根においては、切妻の屋根であったり寄棟の屋根であったりする。
よく見ると入母屋造の屋根はよく見ると上部は切妻の屋根と言えます。
下部をよく見ると寄棟の屋根であったりする。

{469AD892-1341-4AEB-AEF6-61A45E445F7C}

{7AB15684-728D-4BDF-8BE1-D8D566AFC6EA}

例えば遡る事弥生時代の竪穴式住居は茅葺の入母屋造であります。
日本建築において切妻の屋根は寄棟屋根より尊ばれその切妻と寄棟を組み合わせた入母屋造はもっとも格式高いものとされたのです。

入母屋造でないといけないというつもりはないのですが…  切妻屋根は入母屋造からすると費用は安くなる。入母屋造はあとのことを考えるとメンテナンスは切妻造り費用に比べて高くなる事は明らかです。だとしても切妻屋根であっても優に長持ちしてる古民家もあるのです。


鑑定士の視点さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス