一般社団法人福岡県古民家再生協会

文化的価値や建物の耐久性を元にして家屋の価値を評価します。
古材を活用したリフォーム・新築を進める事により資源循環型の社会に貢献します。


テーマ:
一番尊敬する先輩からのもらいもの!
今は肩身となって今も元気に育ってる!

誰もが近づき難く、一本気で曲がったことが嫌いでそれでいてすごく優しい先輩だった。
多くを話すでなく、取っ付き難い先輩

わからない事を聴けば知ってる事は全て教えてくれた。聞かないと何も教えてくれない。

そんな先輩は今はいない。
奥さんを早くに亡くされ一人暮らしが長かった。
1人になった頃から妙に小さくなった気がしてた

綺麗好きで大工道具もいつもピカピカしてた。
道具を跨ごうものならそれはそれは凄い勢いで叱られた。
道具に対する姿勢は誰もが竦むほど拘りがあった。   今思うとそれも注文してくれるお客様へのマナーだった気がする。

休みといえば若い頃から椿を趣味として集めてあった。   1人山に入って椿の木を取ってきては接ぎ木をするという頑固者には似つかない趣味

鉢植えして花が咲く頃はご近所さんを呼んでの花見をしててあった。
花見はもっぱら奥様の企画だった。
でも一人暮らしするようになってからは花見をすることなく1人ひっそりと眺めてた。

私にだけはこっそり「咲いたぞ〜」と連絡がくる様になった。5回を過ぎた頃だったと思う、椿の鉢植えを私にあげるというのです。

あんなに大事にしてたものを…
育て方も前提の仕方もわからない私は簡単に頂く訳にはいかない。枯かしたらわるいし断ってたけど…
どうしてもあげるというのです。
水さえあげれば大丈夫だからと…
1年目は綺麗に咲いてくれた椿の花が2年目には一本が枯れたのです。

このままだとみんな枯れるのではないか!
それから椿の木を地植えするに!
すると元気を取り戻し葉の色も濃い緑色に戻り花も毎年綺麗に咲いてくれる様になった。
{DBF9CFA8-AD9B-41CD-832F-7CA6ED044403}

{55B26288-5B84-4C21-9837-477439F45999}

今年もツボミが沢山付いている。
この椿の花を見るたびにうるさかった先輩の顔が浮かんでくる。
先輩は今はこの椿の木とともに私に会いに来てくれる。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

鑑定士の視点さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。