家計を見直して、心にゆとりある毎日を

家計を見直して、心にゆとりある毎日を

家計の見直し・保険・住宅購入・老後資金・相続・不動産投資など、お金についての疑問を「シンプル」「分かりやすく」ご説明します。

Amebaでブログを始めよう!

 

やさしいお金の相談所の福井です。

 

 

 

 

絶賛、子育て奮闘中です!笑

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど今、

 

 

娘はなんでも自分でやりたがる時期で大変!

 

 

あっち行ったりこっち行ったり。。。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

危なっかしい時もあるけど、

 

 

基本何でもやらせてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何でも自分で考えて、

 

 

行動できるようになってほしいものですよね。

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、

 

 

子供から気付かされる事ってよくあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、子供の行動力。

 

 

 

 

 

 

 

 

何でもまず自分でやってみる、というアレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

歳を重ねる毎に、

 

 

できないって決めつける瞬間多くなるじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

やる前に計算するし、

 

 

リスクも考えるし、

 

 

失敗したらどうしようって尻込みするし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも子供って、できるまでやり続けるでしょ?

 

 

がむしゃらになって。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

一つできるようになったら、

 

 

親とかに褒められて自信がつきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでまた新しい事に挑戦する。

 

 

そしてまた褒めてもらう。

 

 

 

 

 

 

 

どんどん気持ち良くなって、

 

 

いい感じの流れが循環するでしょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで大人も行動できれば、

 

 

もっともっと

 

 

おもしろい人生になるんじゃないかなって思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

子育てしながら、そんな事考えたりしてます。笑

 

 

ちゃんと子育てしろよって嫁さんにどつかれそうですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は、

 

 

せっかくなので、

 

 

その「行動力」と「お金」の関係を見てみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

意外と、普段気付かない関係性があるかも知れませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

1.お金を寝かせるか働かせるか

 

 

ここに、現金1,000万円あります。

 

 

無条件であなたに1,000万円あげるとしましょう。

 

 

 

 

 

 

さて、1,000万円を受け取ったあなたは、

 

 

このお金を何に使いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

A.真っ先に貯金する。

 

 

B.車や旅行など、好きなものに使う。

 

 

C.投資やビジネスの資金にする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どの回答が一番多いか。

 

 

 

 

 

 

おそらく、あなたの回答含め、

 

 

ぶっちぎりで、

 

 

「A.真っ先に貯金する」を選ぶ人が多いんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、少し好きなものに使う。

 

 

といった具合でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが一番安全な気がするし、お金を使い切るのはもったいない。

 

 

ビジネスや投資は、どこか怖い気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、こういった理由からでしょう。

 

 

多分、何も疑うことなく貯金を選択した人が多いんじゃないかと。

 

 

だって、昔から「貯金する」事が、とても大切って刷り込まれてますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮に、

 

 

ここに、

 

 

「C.投資やビジネスの資金にする。」を選択した人がいるとしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この人は、不動産に投資することにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

1,000万円のうち、500万円を頭金にして、

 

 

5,000万円の土地付アパート(8部屋)を購入したとしましょう。

 

 

借りたお金は4,500万円。

 

 

金利2%で15年ローンとしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

1部屋当たりの家賃は8万円とします。

 

 

8部屋あるので、全部屋からの1ヶ月分の家賃収入は、

 

 

 

 

 

 

 

8万円 × 8部屋 = 64万円。

 

 

 

 

 

 

 

年間だと、

 

 

64万円 × 12ヶ月 = 768万円です。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこから、

 

 

空室率が1割、

 

 

経費が2割、

 

 

ローン返済分(15年)が5割、

 

 

合計で、収入の約8割を差し引いてみても、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

768万円 × 20% = 153.6万円

 

 

年間約153万円が手元に残ることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これをローン返済までの15年間続けたとすると、

 

 

15年間で、

 

 

153万円 × 15年間 = 2,295万円

 

 

 

 

 

 

 

この人は15年間で約2,300万円受け取る事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アパート買った時の現金500万円を引いても、

 

 

2,295万円 - 500万円(頭金) = 1,795万円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トータルで約1,700万円の利益です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、

 

 

15年間でローンを完済しますので、

 

 

完済後には、借金無しの土地付きアパートが手に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮に、

 

 

15年後にこのアパートが3,500万円で売れる場合、

 

 

1,700万円 + 3,500万円 = 5,200万円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的に、

 

 

1,700万円に3,500万円をプラスした、

 

 

5,200万円が利益となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、

 

 

1,000万円を丸々貯金した場合はどうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じく15年後。

 

 

1,000万円は、変わらず1,000万円のままです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、定期預金として預けた場合であっても、

 

 

0.2%の利息では、15年後に約30万円プラスになる程度です。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、

 

 

インフレが進んでいて物価が上昇していれば、

 

 

1,000万円の価値は目減りしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが、

 

 

お金を寝かせておくか、

 

 

勇気を出して働かせるかによって、

 

 

こんなにも違いが出ちゃうんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理屈は分かったけど、

 

 

投資やビジネスって、

 

 

リスクあるし損する場合もあるんじゃないの?

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな声が聞こえてきそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この不安も、

 

 

ある「行動」によってリスクを最小限に抑えることが出来るんです。

 

 

 

 

 

2.学習とシミュレーション

 

 

「投資もビジネスも経験ないのに、どうすればいいですか?」

 

 

という質問が飛んできそうですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは、

 

 

「経験する」

 

 

しかありません!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで多くの人が間違えてしまうのが、

 

 

分からないので、

 

 

すべて「プロに任せよう」とする事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投資をするのは「あなた」ですよね。

 

 

お金を出すのも当然「あなた」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投資やビジネスについて、

 

 

「損するかも」「リスクがある」と思っている事を、

 

 

なぜ赤の他人に丸投げできちゃうのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、ひどいケースは、

 

 

投資の内容さえ把握できていない事もあります。

 

 

この状態なら、自分の中の不安や疑念が晴れる事はないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、

 

 

その不安や疑念を晴らすために、

 

 

自分が投資しようとしている分野や内容について、

 

 

徹底的に学習するんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらには、

 

 

学習するだけではダメで、

 

 

やろうとしている事を、

 

 

何度も何度もシミュレーションする必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シミュレーションによって失敗する確率を減らすわけですから、

 

 

とことん最悪のシナリオを書いてみるのもいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすると、

 

 

最悪、いざそうなった時、

 

 

事前にその対応策を打てるでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

その対応策をうまく打てるかどうかが、

 

 

キモになる部分だと覚えておいてください。

 

 

特に不動産投資はそれが強いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、自分だけじゃアイディアが浮かばない場合は、

 

 

学習とシミュレーションした後に、

 

 

経験者のアドバイスを受けてみるのもいいかも知れません。

 

 

そう、ここで初めて経験者やプロの意見を聞いてみるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、イメージとしては、

 

 

「投資やビジネスでいくら稼ぐぞ!」

 

 

と意気込むより、

 

 

失敗しない方法をひたすら学習して、それを検証・実践した方が賢明です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分がやろうとしている事を全く知らずに踏み入れることは、

 

 

自らカモられにいくもんだ、

 

 

と思っていても過言ではないかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

3.情報をかき集める

 

 

投資にしろ、ビジネスにしろ、

 

 

日々目まぐるしく制度や環境が変わっていますよね。

 

 

 

 

 

投資では、

 

 

個人型の確定拠出年金の対象者が広がったり、

 

 

積み立てNISAの制度が開始する、とか。

 

 

 

 

不動産だと、

 

 

相続対策で単身用アパートやマンションが乱立したり、

 

 

都心の湾岸地区マンションが、バブルになっているとか。

 

 

 

 

 

ビジネスでは、

 

 

家電メーカーが窮地に立たされているとか、

 

 

SHARPが料理の宅配サービス始まるとか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、日々物凄い情報量で溢れています。

 

 

 

 

 

 

ネットを中心に莫大な情報量なので、

 

 

選ぶ側のあなたも気を付けなければなりませんが、

 

 

その分チャンスやヒントもゴロゴロ転がっています。

 

 

 

 

 

 

 

莫大な情報の中から、

 

 

あなたがチャンスだと思うものを掴めるかが大事なのですが、

 

 

元々その情報に触れていなければ、そのチャンスに出会うこともないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

取捨選択するのは、その次の段階の話。

 

 

自分の軸や目的が明確ならば、

 

 

情報に触れた時、瞬間的に取捨選択できるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、ちょっとの可能性や気づきも見逃さない事が大事かなと思います。

 

 

後は、それを記録し記憶すること。

 

 

 

 

 

情報が常にあるためか、

 

 

その情報を使って具体的に何かに活かすってところまで持っていける人は、

 

 

そんなに多くないはず。

 

 

 

 

 

 

 

大抵、自分の中の知識に留めておくか、

 

 

その情報を使って考えることを後回しにしちゃうんです。

 

 

 

 

 

 

 

でもこれって、すごく勿体ないですよね。

 

 

変な話、その情報を探っていけば、

 

 

今より年収が倍になるチャンスが転がっていたかも知れないのに!笑

 

 

なんて話もあるかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、僕は、

 

 

最後の「情報収集する」という行動は、

 

 

お金と密接な関係になりやすいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ここまでいかがでしたでしょうか。

 

 

明日、いや、

 

 

今日からの行動に変化が持てそうですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

思い立ったら、即行動ですよ!笑

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで、ありがとうございました。

 

 

福井