スペインの食文化 | Zephyr Translation Co Ltdのブログ

Zephyr Translation Co Ltdのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

今回は前回のイタリアに続き、スペインの食文化について書かせて頂きたいと思います。

小生は約4年間マドリードに住んだ経験があり、

スペイン料理は日本人の味覚にもよく合うので今でも大好きな料理です。

 

 

スペイン料理といえば何を思い浮かべますでしょうか。

やはり一番知名度の高いパエリアでしょうか。

 

パエリアは揺るぎない定番料理で、週に一度は家族みんなでお昼に食べる人気料理です。

週末に食卓を囲み、色んな話をしながらゆっくりと昼食を楽しむスタンスが一般的です。

バレンシアという地中海に面した南東部の都市がパエリア発祥の地と言われています。

バレンシアはバレンシアオレンジも有名ですね。

 

又、バルセロナでは米の代わりに細く切れた麺を入れるフィデウアというパエリアに似た料理もあります。

 

肉はイタリアと同様にビーフ・豚・チキン以外にもラムやウサギも食べます。

生ハムも勿論定番の食材で、丸々一匹のイベリコ豚をキッチンに置き、

必要な分だけ切って食べる家庭もあります。

イベリコ豚で特に人気なのが、ベジョータというどんぐりだけを食べて育った爪が黒い豚の生ハムです。

言うまでもなく、絶品です。

 

スペインは地中海にも大西洋にも面している国ですので、やはりシーフードもよく食べます。

大西洋側ではマグロの養殖をしており、獲れ高は世界有数です。

魚以外にもムール貝等の貝類やタコ・イカ・エビ等も好んで食べます。

エビが入った料理で日本にも浸透している料理といえばアヒージョがありますね。

 

スープ料理で有名なのはガスパチョというトマトの冷水スープがあります。

夏場の暑い時期の定番料理です。

 

個人的にかなりお気に入りのスペイン料理はトルティージャという卵料理です。

お好み焼きのような焼いた卵の形状の中にジャガイモやタマネギ等の野菜が入った優しい味で、

バル(日本でいうところの立ち飲み居酒屋のような庶民的な店)のメニューの中でも人気が高い料理です。

 

ボカディージョというフランスパンにハムやチーズを入れる食べ物も印象に残っています。

スペインではお弁当替わりにすることが多いです。

 

スペインにいた頃を色々遡及していると、舌鼓を打った思い出がフラッシュバックして

またスペインに行きたい気持ちになります。

和食も大好きですが、たまには異国のグルメも楽しみたいですよね。

 

株式会社ゼファートランスレーション
代表取締役 田岡 悠一

【事業内容】
■ 翻訳・通訳 
■ 海外現地通訳 
■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正
■ 映像及び音声翻訳

 

〒516-0221

三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地

TEL&FAX:0599-69-3737

 

通訳・翻訳会社
HPhttp://www.zephyr-translation.co.jp/

Zephyr Translation Co Ltdさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス