イタリアの食文化 | Zephyr Translation Co Ltdのブログ

Zephyr Translation Co Ltdのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

世界各国の食の多様性はご存知の通り豊富です。

今回はイタリアの食文化に関して書かせて頂きたいと思います。

下記内容は弊社登録のフリーランサー様(イタリア生まれイタリア育ちの日本人)から教示頂きました。

 

 

朝:エスプレッソかカプチーノ

  *成人はエスプレッソを飲む人が多い傾向にあり、朝はエスプレッソのみという社会人も多いです。

   子供はマドレーヌ等の菓子パンをミルクやカフェオレと共に食べたりします。

   朝食ビュッフェのあるホテルに泊まる場合は、オレンジジュースやヨーグルトも好んでチョイスしますが、

   往々にしてスクランブルエッグやソーセージ等の食べ物は朝はあまり食べないようです。

 

昼:パスタ、肉料理、サラダ、フルーツ

  *食後はエスプレッソ。やはりイタリアはコーヒーといえばエスプレッソの国です。

   一時期、ネスカフェの商品でジョージ・クルーニーが出演していたエスプレッソのCMがありますが、

   「Espresso. What else?」(エスプレッソ以外に何があるんだ?)というフレーズが

   イタリアの飲み物として象徴的なことですね。

 

夜:パスタやリゾット

 

やはり日本人が抱くイメージ通り、パスタ文化が色濃いです。

パスタは日本でよく見る細麺タイプ以外にもフェットチーネ(きしめんのような太麺)や

ペンネ(アラビアータに使用するタイプ)、ファルファッレ(ちょうちょのような形状)等多種多様です。

 

スープ(コンソメベースが主流)にもスープ用の細かなパスタやラビオリを入れたりします。

イタリアンで有名なスープと言えばミネストローネがありますね。

 

肉料理は牛・豚・チキン以外でもラムやウサギ等も食べます。

イースター(キリストが復活したことを祝う春の行事)の際は仔羊を食べる習慣もあります。

 

イタリア国内の地域(北部のミラノやヴェネツィアやトリノ、中部のフィレンツェやローマ、南部のナポリやシチリア)によって

シーフードを食べる頻度の違いが出てきますが、主となる食べ物は上記になるようです。

 

お子さんはポテトニョッキというイモ料理を好んで食べるそうです。

野菜料理といえば日本では野菜をディップして食べるバーニャカウダーの知名度が高いですね。

バーニャカウダーは北西の都市トリノが発祥と言われているようです。

 

ご周知の通り、イタリアはオリーブオイルやワインの世界有数の名産地で

勿論、チーズとハムもしょっちゅう食べます。

 

時々、中華や和食(寿司)等外国料理のレストランに行ったり、デリバリーを頼んだりするそうですが、

イタリア料理が一番という自国愛が強いので、イタリアンを食べることが多いようです。

 

イタリア料理は日本でも完全に市民権を得ている大人気料理ですね。

国によっての食文化の違いを楽しむことはグローバル時代の特権と言えそうです。

 

株式会社ゼファートランスレーション
代表取締役 田岡 悠一

【事業内容】
■ 翻訳・通訳 
■ 海外現地通訳 
■ 翻訳済み文書のネイティブチェック及び校正
■ 映像及び音声翻訳

 

〒516-0221

三重県度会郡南伊勢町宿浦1183番地

TEL&FAX:0599-69-3737

 

通訳・翻訳会社
HPhttp://www.zephyr-translation.co.jp/

Zephyr Translation Co Ltdさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス