おともきさんとZENが出会ってしまたの。 | 美容室経営マニアZENのブログ

美容室経営マニアZENのブログ

これからの美容室経営の新価値を自ら実践しながら発信してます。 


テーマ:
さてさて、あうとぷっちょいきまそかね!


その前に、


まだZENとお友達になってない人



ZENのFBね。


あうとぷちょの8割は下ネタだけどねっ!!

美容師でも経営者じゃなくても素人(?)でも歓迎です!


そして、ここ!



美容師さんは勿論、異業種、コンサルの方もどうぞ! 条件はマナーを守る方です あうとぷっちょ勉強部屋 → 新価値とその仕組み化を考える会。





さてさて、今夜はつづきだ!


忘れてるひと→ 何なら僕の頭を踏み台にしておくれ。



っていうかまー「出会い」について書く!(笑)



今夜のブログは  これ流しながら読んでみて。




いくよっ!!


今から約6年前。


まさに僕は独立してひとり悶々していた。



危機感に苛まれていた。



経営者になると「学び」の機会を喪失するということ。


経営者こそ、最も学ばなくてはならない。


そこで、僕がした行動。



銭やんとかまさやん(痔)とか5年前からの仲間なら知ってる人は知ってると思うけど、


全国の美容室経営者にところ構わず、自身の考えをあうとぷっちょしたの。



年商も年齢も関係ない。



たかが、



20代で月250万前後の売り上げしかない当時の僕が、年商数億を超える経営者に噛み付いていくという。(マジ)



そんな中で、ひとり嫌いなやつがおった。





こいつだ!!







大阪のとんこつでぶこと、「おともきさん」ね。



今は全国的に有名なサロンコンサルだけど、



この時は、お互いに若かったな。




とにかく彼の「あうとぷっちょ」は僕の当時の思考にないものだった。



美容室経営者の巣窟の中で、


ひとり、シャンプークロスもろくにつけれない美容師でもないただのおっさんが自信満々にあうとぷっちょしてた。



目立たないはずがない。(爆)



個人の能力を重視して、それを伸ばすことが「美容室の経営だ!」という当時の多くの美容室経営者の思考を、


とんこつでぶは、決して否定もせずに自身の持論を展開し引きつけた。


店が勝つのではない。

個人が勝つのではない。

「仕組み」が勝たなければ、長期的な繁栄は無理だ。


個の能力に依存するという弱さを知れ。



初めて彼に会った時。  僕は鮮明に覚えてる。


運命だったのかな。




小倉のホテルのちょっと気高いコーヒーレストランで、


待ち合わせ、


僕は、普段着ないスーツで行ったの。



互いにようやく会えたという武者震いの中、手を振るわせながら名刺を交換し、


それから無我夢中にお互いの考えをあうとぷっちょした。


時間も忘れ、2時間、3時間。



とにかく、初めてではない感覚だった。



なんというか、互いの脳みそ同士がシンパシーダンスをしてる。

それも、これまで経験したことがないほどリズミカルに♩



とんこつでぶは、いつも自信に満ち溢れているから他人の意見を絶対に否定しない。



彼はいう。



「否定するのは自信がないからだ。」



否定から生んだ価値は、他人に淘汰される前に、必ず時代に淘汰される。

否定する人は、それが「本物、本質」でないことが実は分かっている。

その価値のメッキは、経年変化に耐えられない。


新しい価値とはそんな貧弱なものではない。








だから,僕はいつまでたっても独身なんだ。。(意味不明)







はじめて、おともきさんに会った時に同行してたのが右側に写ってる「森さん」。

僕の当時の森さんお印象は、「鼻毛ボーボー」しかない。


(ちなみに、左はキチガイこと「小池さん」ね。。。)



森さんも、僕の当時のあうとぷっちょに共感し会いにきてくれた。




彼は独立前だった。


今から約6年前のこと。


森さんは、とんこつでぶの仕組みで独立し、

現在、リピート率90%以上、次回予約率90%以上のサロンを経営している。



そして、


とんこつでぶは今も次々に倒産しかけの理容室や、不安でどうしようもない独立経営者達を支援している。


しかも、全て自分の足で全国を回ってる。


その仕事が大きかろうが小さかろうがね。



そして、


他人の家に勝手に泊まり、勝手にその家の風呂に入る。(マジ)


動かずに脳力のみで仕事してる僕にはできないからすごいと思うけど、



たぶん、ただの独身の寂しがり屋だからと僕は、勝手に思ってる。。。






彼が、仕事で凹んだ時もすぐに僕にメッセくれる。


「ZENさん、今回はダメや。。 かなり凹んだ。  チカラくれ!!」





そんな時ね、


「それがビジネスや! 肉食って寝ろっ!」


って精一杯の愛情をもって僕は応える。


そして、


僕が冷静さを失っている時は、彼は誰よりも早くメッセしてくれる。


「ZENさん、経営者は絶対冷静さを失ったらいかんよ!! 大人はなっ! 本物はなっ! 闘わずに勝つんやでっ! 闘ったらいかんっ!!」




もうね、年上とか年下とか関係ないの。



ブレーンも超えた。



僕は、メンター(友)だと思ってる。





初めて会った時に、おともきさんから帰りの新幹線からメッセきた。






おともきさん 「なんか、俺達似ますね。(照)」



ZEN 「はい、僕も同じ匂い感じました。(照)」





僕達って、いい仲間になれそうですね。(キモ)





経営者は孤独なのかもしれない。


孤独だからこそ、分かり合える友がいる。


決して、その傷を舐め合うのではなく、


良い距離感を保ちながら、思考をぶつけ合う感じ。


それがなんとも心地よかったりする。





みんなはそんなメンターはいますか?



いないなら、ひとりで悶々してないで行動してみて下さい。

必ず、出会うべき人に出会うから。







あなたはひとりなんかじゃないっ!







ちなみに、


僕は彼の「仕組み」を今も自身のサロンに取り入れてない。



なぜかって?





それは、僕達にしかわからないものなんだ。
































ZEN (株式会社ZEN 代表取締役 善上智博)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス