ニッチトップとEC そしてビジョン | 「全力でふざけて稼ぐ」をコンセプトに事業展開してます。やりたいことをやりたいだけやって死ぬ。360°の幸せを創造しながら

「全力でふざけて稼ぐ」をコンセプトに事業展開してます。やりたいことをやりたいだけやって死ぬ。360°の幸せを創造しながら

「魅せ方で価値を変える」株式会社ゼンシン
代表 前田雄一が夢、目標、日々の出来事を綴っていきます。
ディスプレイ×テクノロジーで世界を変えていきます。




空気で膨らむ着ぐるみ


これも私たちの商品

ちゃんとECで買えるようにしていきます。




例えば

グランピング施設にて、これを着てサービス提供する日があってもいいのかもしれない。

ハロウィンなどのパーティだけではなく。






笑いすぎてお腹痛い

そんなことを増やしていこう。

笑うと免疫も上がるし。



ところで


「ECで買える」と書きましたがサービスを提供するにあたり

・形に残るもの、見えるもの
・写真に残せるもの
・笑顔を見て生み出せるもの
・誇りに思えること
・自慢できるもの

など

ECでサービス提供をするや、分業することにより

「驚きと感動をうみだしている」

ことを感じることが難しくなる。





何のためにやっている

は人にとって必要な要素。

事業(商売)の本質は悩みや課題解決

だから全ての事業にあたり前に価値がある。


その中ですが


私たちがつくったグランピング施設に行けば全て体験できる。

そこにいけば、多くの喜んでいる人たちの顔が見える。


本当に当たり前にしてはいけない価値だと思う。




ビジョンとの格差に

笑うことを忘れ

「何のために?」と自分に問いかけ続けた数年間

の過去にも意味があると思える。



ビジョンを持つことにより、その世界が創られていくを繰り返しできた中で


「人生想った通りにしかならない」とよくする言葉


が今では確信に変わった。

そして、

しんどいことも過程だと自分に言い聞かせることができるようになった。




さあ、いい天気だ。


本日も一生懸命で価値ある1日にします!