備忘録 USJの復活 | やりたいことをやりたいだけやって死ぬ。360°の幸せを創造しながら

やりたいことをやりたいだけやって死ぬ。360°の幸せを創造しながら

「凄い展示会」をプロデュースする株式会社ゼンシン
ゼンシン代表 前田 雄一が夢、目標、日々の出来事を綴っていきます。
展示会を通じて世界を変えていきます。


備忘録


赤字経営のユニバーサルスタジオジャパンを救ったのは?

2001年に誕生したUSJ🎡初年度の入場者数は1100万人を数え、オープンから世界最速のペースで1000万人を突破したテーマパークとして、華々しいデビューを飾った。

しかし、2年目以降は700万人台へと大幅に落ち込み、そこからは過去最低まで落ち込んでいた。そして、2010年、ついにUSJは事実上の破綻状態になってしまった🔥

『もう潰すしかないか…』

そんな空気感がただよう中、USJを再建するために、1人の男が選ばれた。日本を代表するマーケター、森岡毅氏だ。USJの命運は、この男の手に託された👤

就任してまず初めに取り組んだのが、クリスマスシーズンの集客。テーマパークにとって「かき入れ時」である一大イベントの「クリスマス」。「まだまだ集客出来る可能性があった。でも、それを誰も活かそうとしていなかった」と、彼は当時を振り返る。
 
 
 🎄今までのクリスマスの集客は・・・

それまで、USJがクリスマスに集客するためにしていたのは、「昼はこんなことが楽しめて、夜はこんなことが楽しめます」という説明的な宣伝ばかり🎢

一番分かりやすいのは、テレビCM。当時のUSJのテレビCMと言えば、「昼はクリスマスのこんなパレードをしてます!夜はこんな綺麗なイルミネーションが見れます!」と、ただやっていることを紹介するようなものばかりだった。
 
 
 🎄森岡氏がとった方法は・・・

森岡氏も、それまでと同じようにテレビCMを流した。しかし、そのテレビCMに「あること」をした。クリスマスのイベント内容は一切変えずに、ある部分だけを変えた。

もっと大々的に、イベントを0から企画するのかと思っていた周りの人たちは、森岡氏が起こしたあまりに「小さな変化」に呆気にとられていた…

しかし…ひとたびそのテレビCMが流れ始めると、見事に来場者は前年比の倍以上に復活。それだけでは終わらない。そこからのクリスマスは年々来場者が増え続け、彼が就任して3年後には過去最高を記録するまでになった😲
 
 
 🙎🏻‍♂️彼は何をしたのか?
 
答えはとてもシンプル。森岡氏は、クリスマスシーズンにお客さんが来ない理由を、こう分析した。

「それまでのクリスマスのテレビCMは、『こんなことやっています!』という非常に当たり前な説明の正攻法を取っていました。でも、それでは人の感情を突き動かすことは出来ません。

私は、ターゲットを『小さな子どもを持つ親』だけに絞って、彼らの奥底に眠っている感情を衝いたのです」
 
そう、彼がやったことは、ターゲットを絞って、彼らの感情に深く刺さるメッセージを届けたってこと。

テーマパークと言えば、学生グループや、女性同士、カップルなど多くの人が訪れるしみんなが楽しめる場所だが、彼はあえて、その年のクリスマスのターゲットを「小さな子供がいるお父さん・お母さん」に絞ったのだった👨‍👩‍👧
 
全ての人にではなく、ターゲットに絞ったことで、このCMをみたお父さん・お母さんの心はわしづかみにされた😫✨その結果、来場者アップに繋がり、前年比の倍以上のお客さんが訪れた👏
 
 
✅ターゲットを絞るほど、商品が売れる
 
売れている商品やサービスは、必ずターゲットが絞られている💡いい商品や、いいサービスを持っていると、ついついターゲットを広げてしまいがち・・・多くの人に届けたいと思えば思うほど、そうなってしまう・・・😣

でも、それじゃあ、商品の良さ誰にも伝わらない。

単純な話、人ごみの中を歩いていて、遠くから「皆さ〜ん!」って言われるのと、「清水さん!」って言われるのと、どっちが注意をひくか。答えは言うまでもない。当然、自分の名前を呼ばれた方に反応する。
 
 
まずは、ターゲットを絞る。そして、その人だけに向けて商品の良さを伝えるメッセージを作る。そうすればきっと、今よりたくさんのお客さんが集まるはず。

PS
ちなみに、森岡氏が「小さな子どもを持つ親」に作ったメッセージ。それは、こんなものだった。
 
///////////////////
綺麗なクリスマスツリーを、きらきらした目で見つめる娘👧🏻
パパの二の腕をギュッと掴んで、無邪気に笑いかける
そんな愛おしい娘の世界一の笑顔をみて、微笑み返す父親🙎🏻‍♂️

そして親子の横顔のシーンと共に流れるナレーション

「いつか君が大きくなってクリスマスの魔法が解けてしまうまでに、、、後何回こんなクリスマスが過ごせるかな・・・」
///////////////////
 
「娘もいつか大人の女性になる…」そんなお父さんの気持ち、、、自分の子どももあっという間に大人になって、もう子どもとクリスマスを一緒に過ごせなくなるかも知れない…という親の切ない気持ちを見事に突き動かした、秀逸なメッセージ…。こういうメッセージはまさに、ターゲットを絞ることで生まれる。

PS
中小企業庁によると、70.4%の会社が同じ理由で潰れています...