寝ても冷めても | 世界中で「凄い展示会」をプロデュースする会社社長のブログ

世界中で「凄い展示会」をプロデュースする会社社長のブログ

「凄い展示会」をプロデュースする株式会社ゼンシン
ゼンシン代表 前田 雄一が夢、目標、日々の出来事を綴っていきます。
展示会を通じて世界を変えていきます。


テーマ:
寝ても冷めても

一つの軸で考える事がある。

これって幸せな事だと思う。


裏を返せば

感動価値創造という理念があり

魅せ方で価値をかえる

という手段をもって日々 考えている。

寝ても冷めても。

「私たちが業界標準をつくります」

僕は競合他社に対して、

なんで効率の悪いアホなことしているんだろう

と常々思っている。

自分たちの商品を使わないのはアホだ。

と心底思う。

同時に私たちがやればお客様の役にたって喜んでもらえるのにと本気で思う。



なんで壁をたてるだけで、あんな使い古したデカくて、手間のかかる木の塊を多くの職人さんがよってたかって、、、

って本気で思う。
自分たちがそれと同じことをやるのをみて、悔しすぎて眠れなかった。






そのための変化には、命をかけてきた。

イノベーションのジレンマ その意味もよくわかった。



新しいことを生む過程には、熱狂が伴う。

少なくても自分自身は。


しかし、革新はそこからしか生まれない

ことを知っている。

想った通りにしかならない。

原理原則なのだから。


人生の半分以上

ディスプレイという業界だけに身を置き

ディスプレイでモノや企業、

そして社会に価値を生み出す事ができることを実感している。



レンタル什器をはじめるときも


LEDサインをはじめるときも


グランピングをはじめるときも


一定の反対はあった。

しかし感動価値創造という根っこ
や事業領域という軸は同じ。

引き続き熱狂の中 前進していく。



zensinさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります