備忘録 | 世界中で「凄い展示会」をプロデュースする会社社長のブログ

世界中で「凄い展示会」をプロデュースする会社社長のブログ

「凄い展示会」をプロデュースする株式会社ゼンシン
ゼンシン代表 前田 雄一が夢、目標、日々の出来事を綴っていきます。
展示会を通じて世界を変えていきます。


テーマ:
ある農夫のロバが、枯れ井戸に落っこちた。 
ロバが哀れな声で鳴き続ける間、農夫はどうしたら良いか考えをめぐらせた。 
 結論はこうだ。 
ロバはもうかなりの歳で、この井戸はいずれ埋めなければならない井戸だ。 
ロバを引っ張り上げることに、意味はない。 

農夫は近所の人々全員を呼び集め、手伝いを頼んだ。 
 人々はショベルを手に取り、土を井戸に放り込み始めた。 
 初めの頃は、ロバは何が起こっているのか気付いているようで、ひどく鳴いていた。 
ところがその後 …皆が皆驚いたが… ロバは静かになった。 

その後、何杯か土を放り込んでから、農夫は井戸の中を覗いてみた。 
すると、驚愕(きょうがく)の光景がそこにあった。 
ショベルで落とされた土がロバの背中に当たる度に 
 ロバは体を震わせて土を落とし 
踏み固めて登っていたのである。 

農夫の隣人達がショベルで土をかける度に、 
ロバは土を振り落としてまた登る。 
そのうちに 
 ロバはついに井戸の縁にまで達し、嬉しそうに地面に駆け降りたのだった! 

教訓: 
 人生はあなたの上から土を落としてくる。 
 土の種類は様々だ。 
 井戸から脱出するためには、土を振りはらい、踏み固めて登るのだ。 
 全てのトラブルは、踏み台であると考えよう。 
 休まず、あきらめなければ、どんなに深い井戸からでも脱出できる! 
 振りはらって登るのだ。 


zensinさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります