世界中で「凄い展示会」をプロデュースする会社社長のブログ

「凄い展示会」をプロデュースする株式会社ゼンシン
ゼンシン代表 前田 雄一が夢、目標、日々の出来事を綴っていきます。
展示会を通じて世界を変えていきます。


テーマ:
【LEDサイン業界の常識を変える 】

店舗の入り口についた小さなサイン(看板)でブランドイメージを表現する。気がつけば業界では圧倒的なモノづくりができるようになった。

{F2A90022-5E34-4750-A3D3-7CA8487FFFFC}

{E503009D-2E71-4B4F-9DE2-A0B0A6E49A7F}

{6219C6E6-423B-4E43-AA23-BDC30B6AE167}



徹底した生産ラインの効率化✖️ITによるマーケティングと(業界)世界初 自動見積もりシステムをはじめとしたオペレーションの効率化により「圧倒的低価格」を実現しただけではない。

「私たちが業界標準を創る」
※2017 11月WEBサイトがさらにパワーアップする。

---販促に役立つ今日のひとこと---

若い頃、お寿司は高級品を代表されるものだった。

しかし、今の子供はそうは感じていない。

寿司屋の大将が長年培った目利きでその日の朝仕入れたものをその日に出す。

うまいのは当然なんだろう。そして高いのも。


しかし突如、回転寿司というものが現れた。

それは市場に受け入れられ、あっという間に日本中にひろまった。

早い・うまい・やすい

まあ、当然なのかもしれない。

〝大衆〟と書くように、そこには大きなマーケットがある。

次々と店舗は増えどこも満員。

しかし、需要と供給のバランスが崩れる時期が来る。

そして淘汰の時代へ

生き残りをかけた戦いがそこにはある。

生き残るためには業界上位に入る必要がある。

中途半端な規模のところは次々なくなっていく。


さて回転寿司ではないお寿司屋さんはどうなったのか。

当然、回転寿司の乱立にて淘汰されたところもある。

しかし

こだわりを貫き(回転寿司ではない)ファンに支持され流行っているお寿司屋さんもある。

つまり

「どこに旗を立て、どこを目指すか」

その基幹の部分(上位概念)を戦略という。

戦術と戦略は違う。


凄い店舗開発ツールを販売する株式会社ゼンシン 前田雄一 http://sugoikanban.com/


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

zensinさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります