世界中で「凄い展示会」をプロデュースする会社社長のブログ

「凄い展示会」をプロデュースする株式会社ゼンシン
ゼンシン代表 前田 雄一が夢、目標、日々の出来事を綴っていきます。
展示会を通じて世界を変えていきます。


テーマ:
http://www.e-tenjikai.jp/package/p03_02.html

展示会成功の為のキットがいっぱい。

「凄いブース」種類が増えてきた。

もうすぐ サイトリニューアル!

目的別も重要だな、、、

例えば、海外で展示会成功する展示会キット


それに、ビジュアルコミニュケーションの手法をパックにして提供しよう。

出展するだけ、意気込みはあるけど空回り
を変えていきたい。


世界を変えることは難しいことではない。


「凄い展示会」をプロデュースする株式会社ゼンシン  前田雄一




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
http://www.dubainews.jp
ドバイニュース.jp  毎日 更新中

これからコンテンツもどんどん増えて行きます!

ドバイ進出の為の第一歩として展示会出展は有効な手段です。

時期や取り扱い商品からドバイでの展示会が検索できます。

また展示会プロデュースのプロである私たちが共同出展オーガナイズします。

早速ですが、只今準備中
2014 9/14-16 ドバイギフトショー展示会に4社の日本企業で出展します。

展示会成功の為に打ち合わせを密に進めているところです。
あと二週間!  今回も楽しみです。

2014 11月にはヘルシーJAPAN in Dubaiを開催致します!
ご出展者 募集中!

「凄い展示会」をプロデュースする株式会社ゼンシン 前田雄一




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【キャラバン キャンペーンキット】

「凄いブース」を使ってのプライベートショー もおかげ様で増えてきました!

コンパクトに収まる・持ち運び楽々・組み立ても簡単で、キャラバンでのイベント、キャンペーン、展示会に「凄いブース」は最強の販促ツールになるはずです^ ^
毎日 たくさんの「凄いブース」をご利用いただけるようなりました。
本当に感謝です!

しかし、まだまだ 多くの方々に使って頂きたい想いは強いんです。

その為に、まずは知ってもらうこと、その為に”見せ方で価値を生み出すサポート” ”私達の情熱・知識・ノウハウを駆使してお客様の売り上げ、利益に貢献すること”
とことんフォーカスし、やるべき事をとにかく愚直にやっていきます。

「感動価値創造」
凄い展示会をプロデュースする株式会社ゼンシン
前田 雄一
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【大相談会お礼】
先日 8月26日に開催されました「凄い展示会 大相談会」早稲田ではご多忙の中にもかかわらず多数のご来場を頂き誠にありがとうございました。

皆様のおかげをもちまして盛況のうちに大相談会を執り行うことができましたことを心よりお礼申し上げます。

またご来場賜りながら、諸事不行届きの点もあったことと存じますが何卒ご寛容の程よろしくお願いいたします。


私自身皆さまのご期待に感謝するとともに、「展示会の本来の価値を生み出す」という使命感が湧きあがったと共に、展示会を通じてお客様の利益、そして社会に貢献していくことを再度肝に銘じた次第です。

「感動価値創造」の理念のもと、今後とも皆様のご期待に沿えますよう、社員一同全力をあげて社業に努める所存でございますので、何卒、末永くご愛顧くださいますようお願い申しあげます。

「凄い展示会」をプロデュースする株式会社ゼンシン  
代表  前田 雄一
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今よんでいる本の中に

気づきが深いところがあったので備忘録 そして、伝えたいこととしてもブログにかきます。




「真の賢者は己の愚を知る者なり」byソクラテス
この世のことは絶え間なく変化し続け、何事も同じ形をとどめ続けることはできません。



ある貧しい村に1人の農夫が住んでいました。
農夫は村人から裕福だと思われていました。
というのも彼は1頭の馬を飼っていて、
これが農耕や荷物の運搬で役立ったからです。

ある日、その馬が逃げ出しました。
すると近所の人たちはひどいことだと大騒ぎしましたが、
彼はただ「そうかもしれないし、そうでもないかもしれない」
と答えました。

数日後、その馬が2頭の野生馬と一緒に帰ってきました。
近所の人たちはみな大喜びして、なんと幸運なんだと農夫に言いました。
しかし農夫はただ「そうかもしれないし、そうでもないかもしれない」
と答えました。

その翌日、農夫の息子が野生馬に乗ろうとして、振り落とされました。
息子は足の骨を折るケガを負いました。近所の人たちは同情し、
農夫に何という運の巡り合わせだろうかと語りました。
しかし農夫はまた「そうかもしれないし、そうでもないかもしれない」
と言いました。

その翌週、兵隊たちが村にやってきて、健康な若者たちを徴兵して
連れて行ってしまいました。しかし農夫の息子は足の骨が折れていたため
入隊を免れました。近所の人たちが何という幸運だと言い、
農夫は「そうかもしれないし、そうでもないかもしれない」
と答えました。


刻一刻と変わり続けるインターネットやEコマースの世界を前にした時、私たちはこのような見方をする必要があるのです。

こんな前置きから始まる

ウェブ セールスコピーの法則
マリア・ヴェロー

オススメです。

ではでは

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)