世界中で「凄い展示会」をプロデュースする会社社長のブログ

「凄い展示会」をプロデュースする株式会社ゼンシン
ゼンシン代表 前田 雄一が夢、目標、日々の出来事を綴っていきます。
展示会を通じて世界を変えていきます。


テーマ:

喉が痛い・・・・


まさかっ


風邪。。



只今 19:00前  薬のんで、ゆっくりしてみるか。。。



もうすぐ 東京支店ではシーテック


京都本社では、機械技術要素展でばたばたしております。


 一戦力の私としても、風邪なんてひいてられない。。。


しかし


頭も痛くなってきた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日もLED関連のメーカーさんにお邪魔させていただいた。



今日も商品に関心、、、自社のサービスに結びつけあれこれ考える。。。



そして


今日も案内していただいたRYOUさんがいいことを言っていた。




深くはかきませんが



意識をしていないと何も前には進まないと。。


マナーが悪い街やお店の問題は意識の問題。


だと。。


(↑もっと詳しく具体的に言ってましたが、、省略)




 飛びますが


私たちはがお客様に売っている商品、サービスはなんなのか?


そして


私たちのサービスを受けることでお客様にとって、悩みが解決したり、得をしているのか?



これを考えると、方向性が見えてくる。



 まずは、私たちの独自の強みをもって戦略を練る。。


おかげさまでたくさんの強みをつくることができた。 またその強みは、この不景気だからこそ


より強みを増している。



 


 商品やサービスはブランディングによって、つくられる付加価値によって、強みを増す。



ブランドイメージを創り上げるもとは、、



空間(←得意分野)、広告媒体、WEBSITE、あらゆるデザイン物、そして関わるひとのマナー、そして考え方。。



 想像してみてください。


ルイヴィトン のショップがダサダサだったり、使われているモデルがありえない○○だったり


WEBSITEが手作りホームページみたくだったり、店員さんが、クシャクシャの服で接客したり、


すべての要素が完璧でないとあれだけのブランドイメージをつくりあげることはできません。。




ルイヴィトンを例に出しましたが


ブランドというのは、一流のメーカーだけに必要なものではありません。


むしろ、小さな企業でもブランドイメージをつけることで、大企業にまけない、力を発揮することができます。



 さて



ブランディング


というサービスを売る企業として、やるべきことは。。。


おのずと見えてくるはずです。



と今日も考えさせられる一日でした。




「影響力のある企業・人間になる」

前田 雄一
















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 中国出張中




帰国2日前



刺激を受けまくっている自分がいる。。。



 がんばるとは、、、、




必死にがんばるとは、、、、



ぬるま湯につかってはいないか?



人より苦労したなんて、思っている自分がいる。。



「絶対になりあがってやるっ」なんて思っていた過去



根拠のない自信が先ばしり、今に、、、、今にと、、、



しかし



 悔しさというエネルギーはたしかに大きかった。。




その世界が中国には凝縮されているように思えてならない。。



きらきら、ぎらぎらした目で仕事の話をする人たち。。。




ふとっ




もっと自分はがんばれるのではないかとっ






 できない ということ



まわりのせいにすること。。



ほんと愚かなことだ。。



必死になる必要性、成長することの意味



 ひとつの答えを見出したい。。 結果をもって。。



ん~っ  (影響されやすい僕は) できるはずのことができないこと



まずはそこを反省する。。



 ぬるま湯につかってはいないか?


できるはずべきことが、できないなんて、ほんと愚かなことだ。。







「やればできるっ!!」


前田 雄一





 






































いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

中国5日目の朝です。



思い起こせば、初めて中国におとずれたのは5年前



インターネットで知った会社をあてもなくまわった。。



 そして、いろんな商品の仕入れを行った。



ラッキーだったのか、



「だまされた」 という経験はない


ただ


クオリティの問題は、ちょっと苦労したかな。。特にMQには・・・・。



 と思い出すのは・・・・・・




その6年間で、弊社も変わった。。。。



知っている限りですが、、中国は大きく変わりました。


 街並み、お店やホテルの内装、メーカーさんの規模、インターネットの速度、


しかし大きく変わったと思うのは、接客態度


 特に小さなお店で食事するときは、おどろくほどの愛想のなさ


それが、あちこちでプライスレスな笑顔を見ることができるようになった。



時代は変化しています。


その変化についていかねば、取り残され、衰退し、消滅の運命をたどります。


その変化についていくためには、、、


 「チャレンジと行動」 が必要


そして、常にポジティブに、成長意識をもって。。。



変化=進化


できないと思うのはやっていないだけ



変わらないのは、変わろうという意識がないから



5年前  、


1年前と同じ自分だったとしたら、、



もしか、変わってないことも気づかないとすれば、それは、寂しいことです。


常に成長意識をもって


できるところから変えて行こう!!




 そおいや、できていない、意思の弱さを痛感した


英語の勉強、次こそは(何度もそう想い、そう言っているが・・)


やってやる。。


そして [凡事徹底]




 「成長意識をもって、チャレンジと行動」

                   前田 雄一


 



  











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

モバイルパソコンのインターネット接続、、、


復活!!



さて中国はシンセンに到着しました。



 街をブラブラし


一緒に行動している弊社メンバーKと食事、そして飲みましたが


多くを語り合いました。




そして 結果



「チャレンジ」の大切さ



(それを気づく出来事もあり)


を実感しました。



明日は、弊社の最強の武器となりえるLシステム



 そのメーカーさんに2日間みっちり詰めて、このすばらしいものを自分のものにしたいとい思います。








「チャレンジすることが成長に繋がる。」


前田 雄一





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)