こんにちは虫食いもみじ

柔整師の石橋ですshokopon

 

肩こり、腰痛、頭痛、疲れやすさ、膝、股関節の痛み…。

慢性的に感じているこりや痛み不調の背後には、本人が意識していない姿勢の乱れがあります。

人体は、頭部、体幹、上肢(両腕、肩甲骨、鎖骨)下肢(両脚)という4つの主要な部位からなります。これらの部位とその関節の並びをアライメントと呼びます。

 

良い姿勢とは、全身のアライメントが整っており、身体の負担がもっとも少なく、より少ないエネルギーで効率的に保てるもの。アライメントが乱れて、全身に負担をかけてしまい、エネルギーを浪費してしまうのが悪い姿勢=不良姿勢

 

正しい姿勢はこり、痛み、不調などがない健康的な生活ベースです。ところが、困ったことに現代人では正しい姿勢がとれている人はほとんどいません。

 

現代人のアライメントが乱れて不良姿勢による各種のトラブルが増えた背景には生活習慣の変化があります。姿勢は骨格、筋肉、筋膜、神経系などによって保たれています。なかでも生活習慣の影響を受けやすいのは筋肉です。筋肉は使わないと弱くなって伸び、使いすぎると疲労して硬く短くなるという性質があります。

現代では、家事労働や肉体労働が減って筋肉を使って動く機会が少なくなり、座って前傾姿勢でパソコンやスマホなどを使う時間が長くなりました。すると、弱くて伸びたり、硬くて短くなったりする筋肉が増えます。

こうして姿勢が崩れ、ある一定の方向につねに力がかかりやすくなり、その人の限界を超えると症状が出ると考えられます。

 

アライメントと全身の姿勢を保ちながら多彩な動きを実現するには、スタビリティ(安定性)とモビリティ(可動性)を両立させる必要があります。

スタビリティでメインに働くのはインナーマッスル(深層筋)であり、モビリティでメインに機能しているのはアウターマッスル(表層筋)。

インナーマッスルは骨格に近い深部を走る小さく短い筋肉群であり、、アウターマッスルは体表を走るより大きく長い筋肉群です。

偏った生活習慣により、アウターマッスルとインナーマッスルの筋力バランスが崩れると、アライメントが乱れて不良姿勢が起こるだけでなく、歩いたり走ったりといった基本動作も正しく行えなくなります。

ホームページはこちらから!
福岡市東区全力はりきゅう整骨院

お問い合わせは092-643-7070
日曜日祝日、、毎月第2木曜日
お休みとさせていただきます。

全力はりきゅう整骨院
Tel.092-643-7070 Fax.092-643-7077

福岡市東区箱崎7丁目8-8 箱崎パルク2F 

西鉄貝塚駅から徒歩3分