広島県西部を中心に活動する行政書士の用皆です 。 

 

 広島県西部を中心といいながらよく考えてみるとそうでもないことに気が付きました。

 気持ちの問題ということでそのままにしておこうと思います。

 

回答

 

 昨日愛用品が壊れてしまい、なんとか部品交換により修理ができないかと、愛情をもって初めての問い合わせをしましたが、今朝方回答が来ておりました。

 

回答は

 

 望みをかけて問い合わせした回答は、

 

 「日頃より、弊社商品をご愛顧いただき、ありがとうございます。

 お問合せいただいた件、部品での販売は対応しておりません。
ご愛用いただきながら、弊社の都合で廃番となり申し訳ございません。
よろしくお願い申し上げます。」

回答か。。

 仕方ないのはわかっています。わかっていました。
 けど、「よろしく」という気にはなれませんでした。
 一体、誰に「よろしく」なのだろうか。

挑戦か。

 部品交換はできないようなので、あきらめても良いのですが、ねじ止めできるとなるともしかするともしかするかもしれないですね。
 ちぎれたところを接着剤でくっつけてもいいのかもしれませんが、そもそも壊れた原因だろう強度の問題があるので、補強も兼ねてなんとかしたいところです。

パトロール

 とはいえ、真剣にその部品になりそうなものを探すのは時間がかかりそうなので、何かのついでにでも物色しながら何かに巡り合ったときは、直してみようと思います。

そうだ

 ふと思い出しましたが、以前にも同じようなことがあって試しに検索してみたら、同じようなことを考えている人がいて自分で修理しているものがあったんです。
 ファンが多いとあり得るんで探してみましょう。

なし
 
 しばらく探してみましたが、ありませんでした。
 絶対に愛用していたら壊れる部分のはずなのに誰も自分で直そうとしてないようです。

疑心

 いいものだと思って使っていましたが、そうでもない?
 と自分をうたがいつつこのことを考えるのをやめました。


 本日もお読みいただきありがとうございました。