ゼン先生の臨床栄養学講座

ゼン先生の臨床栄養学講座

ブログの説明を入力します。

「PEM」とは?「Protein Energy Malnutrition」の略です。タンパクエネルギー栄養障害です。もちろんご存じでしょうが。しかし、PEMは、かつては「PCM:protein calorie malnutrition」でした。日本では1980年代の論文にはPCMが使われています。栄養アセスメントのBistrian BRの論文でも、1977年の論文にはPCMが使われています。Dudrick SJの1974年の論文でもPCMです。ところが、Bistrianの1998年の論文ではPEMとなっています。PCMからPEMに代わっています。最近の日本の論文でPCMを使う人はいません。PEMが使われています。もちろん、静脈経腸栄養ガイドライン第3版でもPEMが使われています。臨床栄養学の専門家は、「calorie」が「energy」に代わっている、その歴史は知っておいてもいいのではないかと思います。この話、ご存じでしたか?