『ちょ美っとプロなみメイク ― 小顔編』

テーマ:

このブログはLuna38168がお届けいたします。

 

前回は、『ちょ美っとプロなみメイク ― ノーズシャドウ編』と題して、自然なのに鼻たかさん!に見えるえるノーズシャドウの知っているととても便利で効果がある簡単ポイントメイクの仕方をご紹介いたしました。

 

あなたは、ノーズシャドウで鼻を高く見せることができますか?もう、できますよね!

 

プロのメイクアップアーティストは使っているし、前回のブログをご覧いただいたあなたなら、きっとできるはず!ですから、ノーズシャドウはできるようになっているという前提で、次の段階である上級メイクの基本、フェイスシャドウについてお話しします。

 

メイク上手は何が違う?


 

メイク上手といわれる人は、どんなメイクをする人でしょうか?何が普通と違うのでしょうか?

 

メイク上手といわれる人は、何も特別な、変わったメイクをしているわけではないと思います。基本に忠実で、丁寧に繊細なタッチで、ただとても便利で効果がある簡単ポイントメイクの仕方を知っているだけかもしれません。

 

メイク上手さんは、そんな人が知らない、ちょっとしたメイクのポイントやメイクのコツを人より多く知っていて、それを利用してメイクをするから、キレイなメイクができてメイク上手といわれるのではないでしょうか。

 

顔の大きさはごまかせない?


ナチュラルメイク

 

顔の大きさは骨格で決まっているので、小さな骨格の顔の人が横に並ぶと、もう、マイゴッド!って感じです。写真を撮るときにも、どんなに性格のよい人でも、この小顔の人の隣はいや!って思う人いませんか?

 

わたしLuna38168も、経験あります・・・隣りに来ないで!って。でも、きらいな人じゃない限り、あからさまに避ける訳にもいかず、できた写真を見て・・・えーん 一歩後ろに下がればよかったと、すごく後悔します。

 

並んでごまかせない顔の大きさも、一人の時やちょっと後ろに下がったときに効果を発揮してくれる小顔メイクを知っていたら、あなたならどうしますか?

 

わたしは小顔だから気にしないというあなたは、必要ないのでどうぞスルーしちゃってください。

 

でも、ちょっとでも、興味のある方は、寄って見てってくださいな。

ちょ美っとプロなみメイクで、ナチュラルメイクだけど、とても便利で効果がある小顔に見えるフェイスシャドウの簡単ポイントメイクの仕方をあなたに、わたしLuna38168がこっそりここでお教えします!

 

とても便利で効果があるフェイスシャドウの簡単ポイントメイクの仕方を抑えれば、ぶきっちょさんでも大丈夫です!

 

フェイスシャドウって何を使うの?


 

さて、フェイスシャドウは何を使えばよいでしょうか?

 

もちろん、フェイスシャドウとして売っているものが良いです。アイシャドウなどと違って、あまり発色が良すぎると、お笑い芸人のようになっていしまいますので、やわらかい発色のフェイスパウダーを使うことをおすすめします。

 

フェイスシャドウで使う色は、ハイライト用に白系と陰影用にブラウン系を明暗2~3色の段階で用意してください。境界をうまくぼかすこととグラデーションが決め手なので、このくらいの色数が必要です。

 

Luna38168のおすすめ

ノーズシャドウでもご紹介した下記の商品がわたしLuna38168のフェイスパウダーのおすすめです!やわらかいけどとてもきれいな発色です!

 

これなら4色あるので用が足ります。ぶきっちょさんでも濃くつかずに少しづつ色をのせて調節することができて失敗しにくいのでおすすめ。

 

 

ジバンシイいわく、


4色プリズムが導く、白鳥(スワン)のしなやかシルエット。

“人の肌は単色では表現できない”というブランド哲学を継承し、進化し続ける4色フェイスパウダー。かつての社交界に君臨した“スワン(=白鳥)”と呼ばれる女性たち。その美しい容姿と優雅な振る舞いにアイディアを得て、しなやかで女性らしいシルエットを追求しました。フェイスからデコルテに自然な立体感を演出し、光を受けて透明感を放つ、均一なめらか肌へ。


だそうです。公式HPより借用。

 

失敗しないコツ

今回の失敗しないコツは、単純ですが、ジバンシイ プリズム・ヴィザージュ No.2 アイボリーサテン を使うこと。粉のブラシへの付き具合が絶妙で、お肌に重ねてのせると少しづつ色が濃くなって調整しやすくて、つきすぎた粉を大きいブラシでサッとひとなですると余分な粉がなくなり出来上がり!色々使ってみましたが、わたしはこれが一番扱いやすかったです。

 

簡単 フェイスシャドウで小顔さんになろう


A-1A-2

 

あなたは、ご自分の頬骨がわかりますか?上の写真(A-1)のブラシのあたりを人差し指から小指までの4本で触れてみてください。目尻の下あたりに骨が感じられますか?それが頬骨ですね。

 

そのまま指で軽く頬を抑えながら上の写真(A-2)のところまで、下げてみてください。凹んでいるように感じるところがあるはず。ちょうど写真の手の位置くらいです。

 

フェイスシャドウとしフェイスパウダーをのせるのは、その凹んでいるところから顎の骨のラインまでの間にかけてです。上の左写真(A-1)のブラシを当てている部分から下の写真(A-3)の指のあたりまでですね!

 

A-3                            A-4

 

極端に言うと、上の写真(A-4)の茶色で囲んだ部分に暗めの色をのせます。赤で囲んだエリアはチークの場所ですね。チークエリアの上の下まぶたにかけては、ハイライトとして一番明るい白っぽい色をのせます。

 

頬のフェイスシャドウのエリアの上の方、つまり目の下あたりから顎にかけて、グラデーションでだんだん色味を暗くしてフェイスシャドウをいれていきます。

 

3色の中で明るめの色を上の方に、中くらいを真ん中ほどに、暗めの色をあごに近いエリアにのせていきます。境目は上下の2色を混ぜてのせる感じでぼかすことで、きれいなグラデーションが簡単にできるはず!

 

おまけに、顎の骨を避けて、顎骨の下と首にかけての凹んだ部分、つまり上の写真(A-4)の顎下の二つのフェイスシャドウエリアにも一番暗い色を入れるとフェイスラインがよりシャープに見えますよ!顎の骨にそって、ハイライトの白っぽい色を入れるとよりきわだちます!

 

最後に


 

今回はメイクの上級編だけど基本に近い『ちょ美っとプロなみメイク ― 小顔編』と題して、知っているととても便利で効果が大きな簡単ポイントメイクのフェイスシャドウの仕方をご紹介いたしました。

 

目の形や鼻の形も人それぞれですので、鏡とよく相談しながら試しながら練習することが、メイク上手になる早道だと思います。 コツやポイントをしっかりおさえて、ご自分の顔に合ったメイクをしてみて下さいね!

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。少しでもあなたのお役に立てたなら、うれしいです!このブログはLuna38168がお届けいたしました。

 

どくしゃになってね…   

お肌がきれいな人は『腸美人』

腸内フローラが気になったら、こちらの衝撃の健康食品をどうぞ!

 

Copyright(C) 2017 Zenanaiz.com.  All rights reserved.  無断転載禁止