弊社クライアントの㈱エナ・デザインコンサルタント様がお持ちでいらっしゃる

 

従業員の方たちに対する想いを

 

私が経営者に代わって代弁させていただくというミッションを

 

先日参加させていただきました経営計画発表会にて仰せつかりました。

 

会社として従業員に対する想いとは(以下概略です)。

 

『会社として従業員を守るには少なからず限界がある。

 

従業員は若い方が多く、自身の給与(可処分所得)の使い方について

 

自分の(将来の)ために有意義に使う為の情報を会社として提供したい。

 

その為の1つのツールとして「保険」という情報を

 

会社として提供することも会社の役割と考える。

 

なので従業員に対して保険の情報を提供してほしい。』

 

・・・勿論全力で対応させていただいております。

 

保険について知りたいことや困っている従業員の方々を募り

 

個々に時間をいただいて、まずはヒヤリングをしました。

 

今回のことをSNSに載せてOKとご了承いただきましたので

 

「写真が撮りたい」とお願いしましたところ・・・

 

(上司の方の鶴の一声?!の成果↓撮影してくださったのはもちろん上司の方デス)

 

社員の方たち、わざわざ仕事の手を止めて対応くださいました。

 

お忙しい中ありがとうございましたm(__)m

 

経営者の想いをしっかりと従業員の方々にお伝えしながら

 

私がお役に立てる方法でしっかりとサポートさせていただきます。

 

我々HOPグループは「中小企業のかかりつけ医」デス。

 

お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。