令和2年4月1日からいわゆる「自転車保険」加入が原則義務化されているのはご存知の方も多いと思います。

 

今でも時々「自転車保険に加入した方がいいですか?」とご質問をいただくことが多いです。

「保障としてはもちろん必要ですが、自転車保険に加入する必要はないと思いますよ」

「すでに加入している火災保険か自動車保険の保障内容を確認してみてください」とお答えしています。

なぜ火災保険や自動車保険の保障内容を確認していただくのかというと、特約で「個人賠償責任保険」を付加されているケースが多いからです。

個人賠償責任保険とは人にけがを負わせてしまったり、物を壊してしまったりといった損害を与えた際に生じる賠償責任に備える保険ですので、自転車によって起こしてしまった事故は勿論のこと、お買い物中に持っていたカバンが商品にぶつかってしまって壊してしまったなど、保障の幅が多岐にわたっています。

 

「保障は厚い方がいいから自転車保険と個人賠償責任保険の両方入って入れば安心ですよね?」とご質問いただくこともありますが、答えは「NO」です。

損害保険は「実損填補」ですので、例えば生じた損害額が1,000万円の場合には自転車保険と個人賠償責任保険各々から1,000万円支給されるわけでなく、2つ合わせて合計で1,000万円支給されます。

損害保険はマイナスを0にはしますが、プラスになるようなことはありません。

個人賠償責任保険の補償額を無制限にしておけば、自転車保険に加入するのは「保険料の無駄」なのです。

 

最近は例え小学生が起こした自転車事故であっても1億円近い損害賠償命令が出ています。

自転車事故に対する保障を持つことは大変大事なことですが、まずは既に備えができているか否かを確認なさってみてはいかがでしょうか。