パパは甘党の税理士です。-SH3K09470001.jpg

先日、お昼すぎの梅田です。

狙いは「明太子・ご飯食べ放題」の「やまや」だったんですが、何と大行列!

TVでも出たんかな?というくらいの行列で、次の仕事に間に合いそうもありません・・・

「一風堂」もいつもの行列だし、何かないかな・・・とお初天神通りを歩いてますと、こんな看板が。


即決定ですニコニコ

パパは甘党の税理士です。-SH3K09460001.jpg

通りから奥まったところにお店があり、隣はパチンコ屋・自転車駐輪場と、ハッキリ言って

ラーメン屋には不利なロケーションです。

通りの看板を見なかったら、絶対来なかったでしょう(笑)


お昼1時前の梅田で、先客は3人・・・

寂しい店内を見て、イヤな予感がしたのですが、そのまま食券を買います。


ラーメンブロガーさんは、初めてのお店に行ったときは「食券機の、左上のボタンを押す」という

のがセオリー、と見たことがあります。

左上はデフォのラーメンだったり、そのお店のイチ押しだったりするので、そのお店のコンセプトが

よくわかる、という理由らしいのですが、私は誘惑に弱いので(笑)、お店一押しらしい、


パパは甘党の税理士です。-SH3K0944.jpg

「特製つけ麺」(850円)


スープ、ドロドロですねぇ~


看板にも「本にぼし専門」と書いてありましたが、お店のウンチクによると、

「煮干しと昆布でとった出汁」

「鶏がらを5時間煮出したもの」

「豚骨と大量の野菜を14時間煮込んだもの」

この3つを合わせたスープ、だそうです。


ただ、このスープ、味的に勝っているのは「大量に煮込んだ野菜」でしょうか。

特に「玉ねぎの甘み」が感じられますが、看板にあった「本にぼし専門」は、正直??な感じです。


個人的にこのスープは「あり」だと思いますが、好みが分かれるでしょうね・・・

「野菜がよく煮込まれている」と思うか、「グダグダになったシチューみたいなスープ」と思うか、

紙一重なほどドロドロですから。


麺は、こんなドロドロスープに負けない、超太麺。

この麺は美味しいですね!


パパは甘党の税理士です。-SH3K09450001.jpg

改めてホームページを見ると、 淡路島の製麺会社が経営しているんですね。

店舗もかなりあり、頑張っている様子です。


ただ、この梅田を「総本店」とするには、改善の余地があるかと思います。

例えば、つけ麺が超太麺使用で、ゆで時間がかかるのは理解できますが、あとから入店した客の

ラーメンが先に提供されても、こちらにはひとことの断りもなし。

食券を渡してから配膳まで15分かかったのは、梅田のランチでは致命的です。


もう一つ、ホームページの「こだわり」でも、「手袋をしてチャーシューや麺を扱っている」旨載せて

いますが、その手袋をしたまま背中をポリポリした店員には、正直怒りたくなりましたむっ

飲食業の基本中の基本。食材を触る前に、手を洗う(手袋をはめる)。

不潔、といってもいいレベル。


こういったチェーン展開をしているお店には、よくある「緩んだ雰囲気」。

うんちくを載せるのは結構なことですが、人材がそれについていっていない、という例を見た気が

しますね・・・

店員の声も、どこか元気がなかったし。