以前【神の声を聞いた女性たち】

書いたことと内容はかぶってしまいますが


私がとても伝えたいことのひとつなので

ぜひお読みいただけたらうれしいです。




✧*。˚✩ 。:*✧*。˚✩ 。:*ʚ♡ɞ*。:*˚✩。˚*✧*。˚✩ 。:*





人には誰しも


「仏性」「内在神」などと呼ばれる

光のこころが宿っているのですが


光のこころのままでは

絶対に生きていくことができない


それが人であると思います。




かのマザー・テレサですら


表向きは「慈善の母」ですが


内面は常に不安と恐怖に満ちており

苦悩の手記を残しています。

 






じつは、マザー・テレサは

キリストの声を聞いていたそうです。




現代でいう

チャネリングのようなものによって


キリストの声に従い

慈善活動を続けた彼女ですが


「これでいいのか? 

怖い、こんな生活はやめたい。」


と彼女の中にある闇と必死に戦い続けた

とても人間らしい人生を送っています。

 







彼女以上の心で生きることなど

普通の人にできるでしょうか?

 

もし、マザー・テレサ以上にきれいな心で

生きていると思っている人がいるならば


「思い上がりも甚だしい。

自分をいま一度省みたほうがよい。」


と思いませんか?



 

人は、それぞれが「完璧」でありながら

「未熟」で「不完全」でもある存在です。


その不完全な人間同士がいろいろな経験をして

その中から学んでいくのです。

 



私たちが「光」と「闇」の

「陰陽」をあわせもつ存在である限り


きれいごとのように「愛」や「光」だけを見て

生きていくことはできません。




だからこそ

「人は、切ないほどに愛おしい。」


私はそう思います。

 



私はスピリチュアル系の考え方よりも


長年人類が生死に向き合ってきた

その経験の結晶のほうが


この世界に生きる私達には

理に適っているのではないか…と思っています。




哲学、心理学、倫理、道徳、歴史などには

先人の知恵が詰まっています。



 

苦境を乗り越えた人生経験や

困難から培った対人スキル、


母としてお子さんを守り育ててきた

真の強さと深い愛情などの


「知識」や「経験」、「愛」や「強さ」は


スピリチュアルな能力よりもずっと素晴らしい

「この世を生きる叡智の宝庫」です。

 



皆さまが、これまで懸命に歩んできた

ご自分を信じ、誇ってくださいますように。




揺らぐことのない自分軸を持たない限り

スピリチュアルな扉は開くことはありません。






<マザー・テレサ>光の言葉



「あなたは、あなたであればいい。」

 


「本当の意味で愛するということは、

傷つくということなのです。」

 


「神様は、私たちに

“成功してほしい”なんて思っていません。


ただ、挑戦することを望んでいるだけよ。」

 



 

<マザー・テレサ>闇の言葉  

※「来て、わたしの光になりなさい」より



「私の心の中に恐ろしい闇があるために、

まるですべてが死んでしまったかのようです。


私がこの仕事を始めるようになって

間もない時から、


このような状態がずっと続いているのです。」

(43歳)

 


「私のために祈ってください。

私の心のすべてが氷のように冷たいのです。


私を支えていた疑うことを知らない信仰は、


実際には私にとって、

すべて闇を生み出すだけなのです。」

(45歳)

 


「私の魂の中には、

あまりにも多くの矛盾があります。


神への深い思慕の情、

神との触れ合いを渇望するその思いが、


繰り返し私に苦しみを与えるのです。


私は神から求められてはいません。


神から拒絶され、虚しく、信仰もなく、

愛もなく、熱意もありません。


私の魂には何ひとつ魅力あるものがありません。


天国は何の意味もありません。


それは私には

空虚な場所のようにしか感じられません。」

(47歳)

 


「私がシスターや人々に

神や神の仕事について口を聞くとき、


その人たちに光と喜びと勇気をもたらすことを

よく理解しています。


しかし、その私は、光も勇気も

何も得ていないのです。


内面はすべて闇で、神から完全に

切り離されているという感覚です。」

(75歳)

 

 



 

「見えない世界への渇望」は


マザー・テレサにすら、

「大きな闇」をもたらしました。




その意味を、お一人おひとりに

考えていただきたいと思います。

 



スピリチュアルな能力は


「お空の大切な方」との関係を

修復するツールではなく、


いつでも自由にコミュニケーションできる

という都合のよいツールでもありません。




また、人生をすべて思い通りに生きるための

願いを叶える魔法などでもありません。




マザー・テレサから学べることを、

現代の私たちは胸に刻むべきであると思います。