大好きな神さまピンクハート
結婚の報告をしたくて神社へ行きました爆笑キラキラ



※画像は以前撮影したものです(イメージです)



いい加減いい年になっての結婚ですしあせる
結婚式にもドレスにもなんの興味もないので

籍を入れた日も
いつもとなにも変わらぬ日常でした。





なにも変わらない一日ではあるけれども

大好きな神さまには
ちゃんと伝えておきたいなあおねがいキラキラ

と思っていると



私が言い出す前に

「神さまに報告に行こう爆笑
と夫が誘ってくれました。






見慣れた境内から

普段よりずっとやさしい
そこはかとなく慈悲深い神さまに

心がうるっときて、こみあげて来るものが…





《チャネリングメッセージ》


愛で長く結ぶ秘訣は
二人で愛し合うことだけではない


意識というものは
すべてにつながり

未来も過去も
見えるものも見えないものも

人も動物も植物も
風や火や水や土も

すべてが一体なのだ


二人がお互いを愛するだけでなく

すべてに愛を向けて
すべてを慈しむことが

二人が愛し合う秘訣なのだよ


そうすることで
自然と仲睦まじくいられよう


この子(夫のこと)
そうできる子であるから

あとはお前がそうなればよい










あ…



ですよね(;・∀・)サーセンシタ!!!








私は人間臭い喜怒哀楽のかたまりなのですが

夫はまるで妖精のようにすべてに愛を向けて
その愛を基に行動できる人です。





愛ある言葉を発することができても

愛ある振舞いを実行できる人
とても少ないのではないかと思います。




口だけ、考えているだけ、
信念としているだけ、でなく

そこに行動が伴うようになると

愛ははっきりと形になり
やさしく循環していくように思います。




それでも【適性】で書いたように

愛ある行動をしていくことは
あまりにも大変なことだとも感じています。





いつも無理のない範囲で自然体でできる夫。


見えるものはなにも持っていなくても

夫はとても尊いこころを持っているなあと
日々気づかされます。





私も無理せずできることから…かな爆笑あせる





夫の隣で未熟者な私は
神さまからお小言的な言葉をいただいていると


「ぐおおガーン

と夫が変な声を上げはじめましたニコニコあせる





「どしたん?びっくり


「あ、頭がはずれそう…ガーン


「はい?( ゚д゚)」


「頭を一周グルって締め上げて
ググーッって脳みそ取られるかと思った!

今までで一、二を争うすごい体感のやつやガーン


「ガハハ爆笑ウケる!」




後日また機会があれば書こうと思いますが

結婚はお互いのエネルギーに大きく作用する
のだなあと実感しているところです。













話は変わりまして(自由ですみませんあせる

以前夫が用を済ませている間に

フラリと立ち寄った神社で
いただいたメッセージです。







《チャネリングメッセージ》


苦労なき者は苦労を求め
挫折なき者は挫折を求める


富める者を羨み
美しき者を妬み

強き者を恐れ
智慧ある者を拒み

清らかな者を穢し
罪なき者を咎める

持たぬ者は愚かしく見えるか?
哀れであると思うか?


だがな

ないものを追い求めて
あげくなくした者でなければ

そのものの本質や価値はわからぬ


手に入れることではなく

うしなう苦しさこそが
目を覚まさせてくれるものなのだ


すべては幻であると知っても尚
その苦しみは消えたりはせぬ

それでもここを歩む理由は
己の知るところにあるのだよ








このメッセージはポツンと祀られていた
水神さまからいただいたのですが

私にはどうしようもなく心に響いて

小さな石碑の前で
ボロッボロに泣いてしまいました。





水神さまは目の前でたくさんの涙を見て
その御心を痛めながら

多くの方を
やさしいうるおいで包んでこられたのでしょう。








愛というものは
与えられるだけでは満たされず

自ら与える喜びは
それをずっと超えるもの

与えあう喜びは
さらに至福の悦なるものです

(続きが公開できないと思ったので公開していません)




と長屋神社の神さまは仰っていたのですが

まっすぐに愛を向けられると
日本人ゆえ妙に照れてしまうものですね。



この愛にしっかりと応えられるように

私もせめて夫に応える言葉の一つだけでも
言えるようになりたいものです。





「今日は回鍋肉だよ♡」
「今日は青椒肉絲だよ♡」
「今日は炒飯だよ♡」

いまのところ我が家では

この三つの言葉が夫を一番喜ばせる
三種の神器かもしれませんが(中華ばっかり笑)







最愛の息子をお空へ見送った私にとって

夫を愛することは
夫の中にいる息子を愛することでもあり

それをうれしくも悲しくも感じながら
頼りない二人で支え合っていこうと思います。

友人からの贈り物♡かわいすぎますえーん

妹からの贈り物♡存在感がすごい笑い泣き