雑読日記

読んだ本の感想など


テーマ:
いいよなぁ、意味もなく旅立てちゃう性格。
羨ましいけど、羨ましくない。

高野秀行氏の提唱する、エンターテイメント・ノンフィクション
略してエンタメ・ノンフの旗手(?)、
宮田珠己氏の「ときどき意味もなくずんずん歩く」です。

何度か書いている気がしますが、
極度の出不精である私は本の中で旅をします。

出不精なのは、旅に関わるくさぐさが面倒くさいからです。
面倒くさいなら、やらなければいいだけのことですから
旅をしない、という単純な結論です。

羨ましいのは、旅に関わる面倒くささを、著者は感じていないのか
感じていても楽しさの方を優先できるという点で、
そんな性格を羨みます。

しかし、それは私にはないものですので、
手に入れることの出来ないものを羨んでもしょうがないし、
本書を読むことで充分楽しむことが出来ていますので
とくに羨ましくもない。

旅をして楽しめる人が楽しんで、それを書いてくれれば
旅をして楽しめない人が楽しむことができますので、
著者には今後もどんどん外に出てどんどん本を書いてくれ!
とお願いしておきます。

全然本書の紹介になっていないな。まぁ、いいや。

ときどき意味もなくずんずん歩く (幻冬舎文庫 (み-10-2))/宮田 珠己
¥560
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

zatsudokuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。